「マタハラ」判決 産前産後、私が考えたこと

「マタハラ」判決とは

こんにちは、東京都日野市の女性税理士 坂 有希子です。

数日前に、マタハラ=マタニティハラスメント(妊娠出産した女性に対する嫌がらせ)についての最高裁判決が出ました。

今回の事案は、妊娠を機に、管理職から降格させられた理学療法士の女性が、男女雇用機会均等法に違反するとして、
勤めていた病院に対し、損害賠償請求をしていたというものでした。

これに対し、最高裁は、やむを得ない事情がある場合を除き、妊娠を機に降格をすることは違法と判断し、審理を
高等裁判所に差戻しました。つまり、女性側の主張が認められたということですね。

この判決で、企業運営はよりいっそう厳しさを増していくのでしょう。

女性にとっていいのか悪いのか

この判決が女性にとって良かったのか悪かったのかは、それぞれの置かれている立場によって
意見が分かれるところでしょう。

派遣労働などの非正規雇用の人たちにとってみると、妊娠という事実を企業側に伝えると
雇用の継続自体が危うくなってしまうのでしょう。

正規雇用で働いていて、現在妊娠している(あるいは近いうちに妊娠する可能性のある)人にとってみれば、
自分の地位を守ることができるので、安心することができます。

一方で、独身の方や子供を持つ予定のない方にしてみれば、企業側がますます女性の昇進に消極的に
なることは目に見えているので、自分の頑張りが正当に評価されないのではという不安を抱くことになるかもしれません。

私が考えたことは、自分を磨くこと

私も妊娠したときに、正規社員として勤めていました。
妊娠中は、その法人の景気が良かったため、目に見えるマタハラは特にありませんでした。

しかし、育児休業から戻ってみると、状況は一変。ドン底の不景気です。

当然、私のような出戻りは、用無しなのです。

「戻ってきても仕事はない。」と言われ、暗に退職するように勧められました(これもマタハラの一種なのでしょう)。

退職してしまっては、決まっていた保育園も辞退しないといけなくなって困るので、強引に戻りましたよ。

けれど、周りの人が退職を余儀なくさせられたりする中、自分のように子供がいて、セーブして働かなくては
いけないような人間が、お荷物であることは間違いないのです。

権利はあるけれど、それを振りかざしたところで、苦しくなる一方なのです。

そんな中で働いていても、まったく楽しくないのです。

私は法人をやめて、自分自身でもっとおもしろい仕事をすることを決意しました。
その仕事はすぐにはできないので、何とか自分の経験やスキルを磨く場を探すことにしたのです。

それまでいた法人は、お給料が高かったので、それは非常に残念だったのですが、
踏み出さないことには、いつまでも同じところで悩み続けるようで嫌だったのです。

そのとき考えたのは、
「これからの世の中、死ぬまで働き続けないといけないよな。それだったら、自分が本当に
おもしろいと思える仕事を細く長く続けていきたい。」

ということでした。

高学歴の女性ほど、妊娠出産を機に、それまで勤めていた会社をやめて家庭に入ってしまうという傾向があるようです。
子育てに専念したいという理由もあるかもしれませんが、やはり理想とする働き方ができないという失望もあるんだと思います。

本当にもったいないことです。

子育てにひと段落ついたら、ぜひぜひ自分が本当におもしろいと思える仕事を見つけてほしいです。

今の時代、個人でも仕事をすることはできます。インターネットを通じて、いくらでも人は繋がることができます。

自分にとっては、そういう女性を応援していくこと。それがやりたい仕事なのです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 先日、マタハラ判決について自分が考えたことの記事を書いたので、それにヒットしたようです。 […]