461個の弁当は、親父と息子の男の約束。

お弁当作りが面倒だと思っていた

こんにちは。

東京の小学校は今日が終了式で、明日から春休みです。

給食も終わってしまったので、学童保育に通う子供のためにお弁当を作っています。

親にとって、お弁当作りは大変な苦行です。
私は朝起きるのが得意ですが、それでも大変と感じます。
朝は唯一の自分の自由な時間です。
お弁当作りがあるだけで、本当に自分の自由がなくなり、憂鬱な気分になってしまいます。

そうはいっても、子供が幼稚園の頃から世のお母さんたちは、お弁当作りをしているわけです(私の子供は保育園に通わせていましたから、お弁当作りはなくて大変助かったのですが)。

そして子供が中学校にあがったらお弁当作りが始まる人もいます(東京の公立中学校は給食がありますので高校から)。そして、高校を卒業するまでお弁当作りが続きます。

仮に私立の小学校に通っていれば、小学校時代にも毎日お弁当を作らなければなりませんし、子供が塾に通うのであれば、塾弁が必要な場合もあります。

こんなふうに親の一生の中で、お弁当作りというのは、肉体的にも精神的にも大きな割合を占めることになります(大袈裟かもしれませんが)。

たまに、お弁当作りはそれほど苦にはならないよ~と仰っているお母様もいます。
これは純粋にすごいな~と思います。
私は普段から苦行に思っており、そして将来のお弁当作りに怯えているのです。

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」

そんな私が最近読んだ本。

「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」

これが本当に素晴らしかった。

TOKYO NO.1SOUL SETのメンバーである渡辺俊美さんが書いた本です。

奥さんと離婚して、シングルファザーになった渡辺さんが高校生の息子さんのために3年間毎日お弁当を作った記録です(レシピ本ではありません)。

毎日写真を撮っていたようで、どんなお弁当を作っていたかがよくわかります。

これが本当においしそう。

有名なバンドをやっていらして、忙しくされているだろうに、息子さんのためにお弁当を作る。本人はあまり気負ってやっている感じはせず、文章も淡々としていて、押しつけがましくありません。それでも、ほのかに息子さんへのディープな愛情が伝わってくるのです。
最後はちょっと泣けてしまいます。

見た目のこだわりや品数の多さ、バランスの良さが見ていてとても参考になります。

最初はこんなすごいお弁当作れないよ~などと思いながら読んでいたのですが、段々読み進めるうちに、実はコアとなるおかずは決まっていて、そこに少しずつ工夫を積み重ねていっていることがわかってきます。

なるほど、毎日作るお弁当はこういうものなんだな。これなら自分にも真似できそうだな。
そう思わされる本です。

お弁当は親から子への愛情表現

この本を読んでいると、不思議とお弁当を作ってみたくなります。

著者の渡辺さんが毎日のお弁当作りを楽しんでいることがよくわかるからもしれません。
そして、なによりこの本はお弁当作りは親から子への愛情表現だということを教えてくれるからだと思います。

毎日こんなお弁当を作ってもらっている子供が、変な人間になったりするわけないよな~。
実際に渡辺さんの息子さんはとてもいい感じの男の子になっているようです(本の最後のほうに息子さんの書いた文章もありますが、すこぶるいい青年という印象です)。

大変なお弁当作りは、できる限りルーチン化して手間をかけすぎず、愛情を込めて作る。
素材や調味料にはこだわりを持って楽しむ。
それでも毎日繰り返すことは本当に辛いですが、その甲斐があるものなのだとわかりました。

この春、お弁当作りを始めなければならない方。
また、子供のお弁当作りが一段落して、ちょっと一息ついている人。

どんな人が読んでも、ちょっとほっこりする本です。自分自身と子供の間にもドラマを感じられる本です。
そして、お弁当作りのモチベーションが高まる本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする