複式簿記講座1|そもそも複式簿記とは何か

複式簿記について書いてみる

こんにちは。

個人で事業をやるにしても、法人を運営するにしても「帳簿を付ける」という行為は避けて通れないものです。

帳簿を付ける上で、複式簿記を知るというのは非常に大事なことです。

事業を大きくしようと思えば、いつかは複式簿記の壁にぶつかります。

今の時代は、複式簿記を意識しないで帳簿を付けることのできる便利な会計ソフトもあります。
だからといって、まったく複式簿記の知識がなくてもいいというのではなく、「ある程度」知っている必要があります。
複式簿記を知らなくてもなんとなく帳簿を付けていくことは可能かもしれませんが、必ずわからないことが出てきますし、そこで知識がなければ解決できないことも多いです。
また、私たち税理士と話をする上で、やはり複式簿記を知っているほうが、話がスムーズであるということもあります。

そこで、事業主の方のお役に立てるよう複式簿記について書いてみようと思いました。

記帳をする必要性

まずは複式簿記の話に入る前に、そもそも記帳は何のためかということを書いておきたいです。

個人事業主の方であれば、1年間の売上やら経費やらを会計ソフトに打ち込みます。
売上から経費を差し引いて利益が算定されますので、それを元に税金の計算をしますよね。

そうすると、記帳というのは税金を計算するためのものなのでしょうか?
(もっと言うと、税務署のためのものなのでしょうか?)

もちろんその意味もありますよね。

きちんと計算して、所得税の申告書を提出しなければ、税務署に指摘されることになりますから。

けれど、もっとポジティブに考えてみてください。

記帳には以下のような意味もあるのではないでしょうか?

① 普段から記帳を行うことで、いくら利益が出ていて(いくら損が出ていて)、その時点の事業の状況を知ることができる。

② お金の流れを把握でき、この先の資金計画を立てやすくなる。もし借入が必要であれば、いくら必要なのかなどを計画できる。

③ 売掛金の回収状況や未払の債務を滞りなく支払えているかどうかチェックできる。

④ 将来の事業の計画を立てるための基礎データを得ることができる。

つまり税務署のために記帳をするというのではなく、記帳は自分のためということになります。そのように考えれば、きちんと付けてみようという気持ちになってきますよね。

複式簿記とは何か

簿記には2種類あることは、知っている人もいるでしょう。

単式簿記と複式簿記ですね。

白色申告をする人は、単式簿記という方法で記帳しています。
これはお小遣い帳などをイメージするとわかりやすいかもしれません。
現金出納帳、売上帳、経費帳などを作成します。

例えば、ある日に10,000円の商品を売り上げたときに(売上代金の回収は翌月だったとします)、その売上10,000円を売上帳に記入するだけというのが、単式簿記です。
(翌月に現金が入ってきたときには、現金出納帳に入金10,000円と記帳します)

一方で、複式簿記の場合はどうなるか。

上の例で考えてみると、売上10,000があった日に、売上という事実(原因)を記入するだけではなく、翌月に売上の回収がなされるという事象(結果)も記入しておくのが複式簿記です。

売上という取引によって、翌月に現金が10,000円増える(今の時点では売掛金が10,000円増加)したというところまで記帳しておくのが複式簿記です(売掛金の増加と売上を同時に記帳します)。

単式簿記と複式簿記、どちらが優れていると思いますか?

やっぱり複式簿記だとは思いませんか?
売上によって、どういう財産の増減があるか、お金の流れはどうなるかということまで把握できるからです。

単式簿記によって、最終的に作成される書類(財務書類)は損益計算書。
複式簿記によって、最終的に計算される書類(財務書類)は貸借対照表と損益計算書になります。

損益計算書とは、1年間の売上と経費がいくらあって、利益(あるいは損失)がいくらになったかを示す書類です。

一方、貸借対照表とは、12月末(個人事業主の一事業年度末)にいくらの資産、負債があるかを示した書類です。

複式簿記は、単式簿記よりも複雑な分、より詳細な事業の状況を表すということが言えます。
だから税金の申告の際にも、複式簿記で記帳している場合には、65万円の青色申告特別控除という特典がついているのです。

いかがでしたか?
ちょっと複式簿記の勉強をしてみようかなと思われたら嬉しいです。

今後、複式簿記の内容について少しずつアップしていくつもりです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする