はばたく女性人材バンク|女性の活用が本格的に始まるのか?

fitnessjog「はばたく女性人材バンク」というものができるらしい

こんにちは。東京都日野市の女性公認会計士・税理士の坂 有希子です。

先日、日本経済新聞に「はばたく女性人材バンク」に関する記事が掲載されたようです。

はばたく女性人材バンクに関する記事

現在の政権下では、日本の企業における女性管理職の割合が欧米に比べて著しく低いことを理由に、女性管理職の割合を増やそうとする目標を掲げています。
同様に、女性役員の割合も非常に低いことから、女性役員の登用を促す施策をとるようです。

女性役員の候補者と企業のマッチングを行う「はばたく女性人材バンク(仮称)」というものが内閣府によって設置されるということらしいです。

先日、日本公認会計士協会から、社外取締役などの役員を希望する会計士を募るメールが来ましたので、それに登録することにしました。この登録制度は政府が設置する「はばたく女性人材バンク」を推進したいという政府の要請にこたえたものだそうです。直接的に「はばたく女性人材バンク」への登録をするわけではないようですが、女性会計士の人材活用に一役買うようです。

子育てのために仕事を諦める必要はないのだと思う

男性中心の企業社会だからこそこういう制度が必要なのだ

この流れは、私自身はとても歓迎すべきものだと思っています。

今の社会はまだまだ男性中心です。
子育ては女性がするものだという考えが一般的です。
イクメンという言葉も誕生しましたが、結局のところ、女性は子育て全般を引き受けて当り前、男性が子育てに参加すれば
『なんて協力的でいいパパなの~』
と賛辞の嵐。
共働きだったとしてもですよ!

なんかおかしいですよね。

仕事の上で男女平等といっても、そもそも女性は体力的に男性と同じにできるわけではありません。
しかし、仕事において「男女平等」というのは、結局のところ「男性の目線に合わせた仕事をすること」になっている現状。

子どもが生まれたら、やはりどのお母さんも自分の働き方を見直さざるを得ないですよね。
キャリアがあればあるほど、どんどん追い込まれ、退職してしまうということも多いのではないでしょうか?

もっといろんな働き方があってもいいのでは?もっと多様性を認めてもいいのでは?
思ってしまいます。

だからこそ、こういう制度が必要なのです。

今回の「はばたく女性人材バンク」は社外取締役や社外監査役を探したい企業と人材のマッチングを行います。
社外取締役や社外監査役とは、あくまでも社外の人であって、ベッタリとその企業で働くのではなく、必要に応じて会議などに出席する非常勤の役員のことです。
これは、ガッツリとフルタイムで働くのは無理だけれど、自分のキャリアを生かしていきたいと思っている女性にはもってこいの制度だと思います。

私自身も公認会計士なので、常勤監査役の仕事を勧められることはあるんです。でも、せっかく開業もして自分でやっていこうと決めたところだし、子育てと仕事をうまく両立していくという目標があるので、フルタイムは無理だと思ってしまうんですよね。

男性の仕事を奪ってしまうのか?

男性からは、女性ばかりずるいという意見もあるかもしれません。
女性は男性の職を奪ってしまうのか?

そんなことはないと思います。

多様性を認める社会になれば、翻って男性の働き方を見直すきっかけになるかもしれない。
男性だって体力のある人ばかりではないし、介護などの理由で、ガッツリ働くのは無理って人もいますよね。
子育てをもっと能動的にやりたい、子供の教育に力を入れたいって思っている人もいるはずです。
自分の奥さんや娘さんが生き生きとした働き方ができる社会になれば、男性だって幸せなはずです。

職を奪われる、女性ばかりズルいという一方的な視点ではなく、別の観点からやさしく見守ってもらえれば嬉しいですね。

女性の働き方をもっと変えたい

今回の「はばたく女性人材バンク」は、大学教授や士業などを対象とした制度として始まります。

私には関係ないわ!って思っている人も多いかもしれませんが、企業組織の中枢の部分が変わっていこうとしているのです。
それはあらゆる場面に影響をもたらすはずなのです。

私たち女性の願いは、もっと働きやすい社会、子育てが理由で仕事を辞める必要がない社会、自分の自信・自尊心を保っていけるような社会になることです。

いろいろ批判もある政権ですが、女性にとっては追い風が吹いているのかもしれません。

少しでも社会が進歩して、女性にとって心地のいい環境になるように、自分自身も努力していきたいです。

坂 有希子会計事務所「ごあいさつ」はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする