忙しい人ほどたまには「ぼんやり」したい

フリーランスや働くママなど忙しい人にこそ「ぼんやり」が必要

こんにちは。

ゴールデンウィークも終わり、ちょっとブルーな人もいるかもしれませんね。
私は今年のゴールデンウィークは、近所の公園などで過ごすことが多かったです。

先日、NHKの「あさイチ」という番組で「ぼんやり」というテーマを特集していました。

「ぼんやり」というと、どちらかというとネガティブなイメージですが、意識的に「ぼんやり」することで、いい効果があるようなのです。

具体的には

  • ストレスの解消
  • 仕事の効率アップ
  • 記憶力の向上

などの効果があるようです。

私はフリーランス、かつ、働くママなのですが、仕事や育児・家事に追われて、なかなか自分の時間を持つことができないように思います。いざ自分の時間がとれたとしても、なんとなくいろいろなことが気になって、楽しめていないような気がします。

こういう私のような人にこそ、「ぼんやり」するということは必要なのでしょう。

「ぼんやり」してみたら

「ぼんやり」は瞑想などのように、心を空っぽにして・・・などという難しいことは必要ありません。

少し薄暗い部屋で、できれば耳に綿を詰めて、数十分間、何もせずに過ごせばいいだけです。
そのとき、何か心に考えが浮かんだとしても、それはその想いに身を任せていればいいのです。

私は普段ぼんやりすることが苦手です。

特に最近はスマートフォンなんかがあるせいで、ちょっとした暇な時間もいろいろ検索してしまいます。

お風呂に入っているときさえも、読書してしまいます。

先日、お風呂に入ったときに、「ぼんやり」してみようと思いたち、読書をやめて、ぼんやり湯船に浸かってみました。日常のいろいろなことが頭に浮かぶのですが、それはそのまま考えが流れていくのに任せていました。
自然と静かな時間が流れていき、いつの間にか20分程度経っていたようです。

とくに何かについて懸命に考えたわけではないのですが、ちょっと気にかかっていたことについて考えがまとまったように思え、すっきりとしました。

ちょっと心が疲れたな~と思ったら「ぼんやり」してみてはいかがでしょうか?

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする