「もう若くない」とどう向き合うか

人生の転換期

こんにちは。

女性も40代になると、いろいろ変わってきますよね。
私は今40代の半ばといったところですが、今年は体調を崩すことが多いです。

そのたびに「もう若くないんだな~。」としみじみ思います。
まさに人生の転換期なのでしょう。

体力面だけではなく、物事に対してさほど興味がわかなくなったり、意欲が低下したりと色々な面で衰えが始まるのかもしれません。

女性の約50%が90歳まで生きる現在、どんなふうに生きていくかということが大問題になってきます(90歳まで生きている自分の姿は想像できませんが)。

体は使えば使うほど若返る?

高齢の方でも、異常なほど体力がある人がいます。

自分との違いはなんだろうと、いつも考えます。

例えば、山登りをしていると、ご高齢の方がとても多いです。
私は初心者レベルで、ちょっとの山をゼイゼイ言いながら登っています。
でも、出会った年配の方々の話を聞いていると、

「毎週どこかしらの山に登っている」
「山岳同好会に入っている」
「こっちの山だけではなく、あっちの山にも縦走する」

など涼しい顔をしながら仰っています。

年齢は関係ないのかもしれません。

体は使えば使うほど若返るものなのでしょう。

仕事はデスクワークで、通勤もなく、普段ダラダラしている自分の体がさび付くのは、当然なのでしょう。

頭のほうはどうなのだろう

歳を取ってくると、世間一般の流れについていけなくなってくるといいます。
私も昔に比べると、なんでもかんでも飛びつかなくはなりました。
テレビ番組とかも全然おもしろくないですし。

ネット関係はかなりオタクっぽいですが、Instagramなどもやっていませんし、便利さもよくわかりません。

頭が固くなっている証拠かもしれませんね。

とりあえず試してみてから、判断するという姿勢に乏しいのが、歳を取ってきた証拠かもしれません。

一方で、ご高齢の方でも、新しいことにチャレンジする方もいます。
英語の勉強をしてみるとか、i-Padを使ってブログをやってみる方などもいるようですね。

歳を取ると、若い頃よりも物覚えは悪いかもしれません。

でも、若い人とは違った賢さがある分、物事を吸収できる面もあるはずです。

転換期の分岐点

人生の転換期に差し掛かった今、自分がどちらの方向を目指すのか。
歳をとっても楽しむ人生か、歳を取ったことを嘆くだけの人生か。

私はせっかくだったら、体力もつけて色んな所へ行ってみたいし、新しいことに興味をもって勉強してみたいと思います。

「もう若くはない」

けれど、意欲があれば大丈夫。

そう思っています。

何かをやり始めるのに、遅いということはないですよね。
もしかしたら、明日、死んでしまうかもしれません。
それって誰でも一緒です。
でも、今はせっかく生きているんだから、若くないなんて言い訳していないで、精一杯チャンレジしなければもったいないな~って思うのです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする