自分の得意なことを活かして仕事をすることは究極の自己実現である

ハンドメイド作家で自己実現

こんにちは。

ここのところ、ハンドメイド作家さんのための経理についての記事を書いています。

最近かなりメジャーになってきたハンドメイド作家さん。

いくらネットが発展したからといって、これほどまでにハンドメイドという市場が盛況になるとは思いませんでした。

世の中が便利になるにしたがって、本当に良いモノがなくなってきたように思います。
愛着を持って、大事にできるモノというのは、やはり大量生産からは生まれないということに、少しずつ世間の人が気が付いてきたからかもしれません。

最初にハンドメイドのサイトで作品を購入したとき、その素敵さに感動しました。
自分で作りたいけれど、なかなか上手に作ることはできません。
量産品を売っているお店で見かけるものより、ちょっと割高だけれど、愛着が持てることにも感動しました。

いったいどういう人がハンドメイド作家さんになるのだろうと考えることがあります。

私のように、子供がいる主婦の人?

芸術関係やデザインのお仕事をしていて、その延長線上でハンドメイドをしている人?

たまたま趣味でハンドメイドの作品を作ってみて、それが商売になった人?

どういう経緯でハンドメイド作家さんになったとしても、自分が作ったモノが人に認めてもらえて、対価を得ることができるというのは素晴らしいことですね。

母親世代のジレンマ

私がハンドメイドといって思い浮かぶのは、母のことです。

編み物が大好きで、私たち姉妹のために、いろいろと作ってくれました。

もし母が今の時代の人だったら、ネットでセーターを売っていたかもしれません。

ハンドメイド好きの人って、お金儲けとかではなく、ただ作りたいという欲求があるのですよね。いろいろ作りたいけれど、材料代がかかるのが悩みです。

ネットで作品を売ることができれば、売ったお金を次の作品の原資として使えます。
そして、それをさらに売ることができ、沢山の人に喜んでもらえます。

そうこうしているうちに、いつの間にか商売としても少しずつ形になる。

それってすごい理想ではありませんか?

自分の大好きなことで、人の役にも立てる。そしてお金を稼ぐこともできる。

それを世間では「自己実現」というのだと思います。

自分の親の世代は、自己実現をしたくてもできませんでした。

今はいい時代ですよね。あまりリスクを取ることなく、自分のペースで作品を作りネットで販売できるのですから。

自分にできることは?自分の自己実現は?

私自身は、ハンドメイドが好きで、たまに自分でも作るのですが、とにかく絶望的に下手なのです。
ミシンを使ってもまっすぐに縫えないし、編み物をしても目は揃わないし。
不格好でも自分で作ったものは愛せます。けれど、残念ながら商売としては成り立つことは未来永劫ないでしょう。

でも、一方で私は公認会計士と税理士という資格を持っています。

「経理・税務」

これがいちおう私の得意なものです。
これを生かして人の役に立ちたいと思っています。

自分が今、応援したいと思っているのは、自分の母親のような女性たちです。

ハンドメイド作家さんは、器用でセンスはあるけれど、おそらく経理や税金については苦手意識を持っている方が大半だと思います。
商売としてハンドメイドをやってみたいけれど、帳簿のつけ方もよくわからないという人も多いはずです。

そういう方たちの不安を少しでも取り除いて、手助けしていけたら嬉しいな~と思うのです。
そして、そのために少しずつ記事を書きたいと思っています。

坂 有希子「ごあいさつ」はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする