パソコン仕事の怖さ

2019年からe-taxが変わった

こんにちは。

2019年の1月からe-taxシステムに変更がありました。

メッセージボックスのセキュリティ強化の関係から、閲覧にはマイナンバーカードが必要になりました。

原則はマイナンバーカードを認証することで、メッセージボックスを見ることができます。ただ、いきなりその運用には移行できないので、当面はマイナンバーカードの認証と並行して、IDとパスワードを利用して閲覧できるようです。

また、一方でe-taxの利用を促進するために、スマホなどで確定申告ができるような施策もしているようです。

税理士の世界では、この出来事は、それなりに大きな出来事として捉えられてはいますが、一般的に周知されているかは、ちょっとわかりません。

税務ソフトを使って電子申告

私はJDLの「IBEX組曲Major」というよくわからない名前のソフトを利用しています。
(似たような名前があってどれがどれだかよくわかりません)

それなりに使い勝手はいいかな~という印象ですし、お値段も抑えてありので利用しています。

2019年の1月から国税庁のe-taxのシステムに変更があったので、JDLの電子申告システムについても、それに合わせた対応をしてくれています(してくれているはずでした)。

仕事始めの日、まずは昨年末に作ったクライアントの法定調書と給与支払報告書を電子申告してしまおうと、JDLの電子申告システムを立ち上げ、電子署名をし、送信ボタンを押しました。

すると、なぜか電子申告システムが勝手に落ちてしまいます。

何度やってもダメ。

何がいけないのかを検証するために数時間を要してしまいました。

おそらく国税庁のシステムのほうが、まずは変更があるはずだから、何かアナウンスはないか、PCにインストールしている認証システムに問題はないかなどを検討しました。JDLの方から出ているアナウンスにもかなり目を通し、なにがいけないのか必死です。

仕事始めなのに、どうして・・・・。

ここから続く確定申告なども電子申告できなければ大変なことになります。
心の中に不安がよぎってしまいました。

その日は諦めて、次の日に試しましたが、またダメ。

問題の起きた日にJDLに質問したかったのですが、JDLはなぜか質問すると一回に2千円も取られてしまいます。それもなんだかな~と思って躊躇してしまいました。

でも、次の日になっても結局わからなかったので、2千円払ってもいいやと思ってJDLに質問メールを送りました。

すると、電話がかかってきて、どうやらJDLのプログラムに不具合があったとのこと。
修正プログラムを出すから、それをインストールしてほしいと言われました。
2千円取るとか言わなければもっと早く質問して解決できたのにね。
本当にどうかしています。

パソコンで仕事することの怖さ

パソコンで仕事することが当たり前の世の中。

パソコンに問題がないことが前提ですし、パソコンに入れているソフトも絶対的に信頼できるものであるという前提があってこそ仕事が成り立ちます。

今回のように、何か問題があったときにすぐに解決できればまだいいのですが、何がいけないのか、どこに問題があるのかがまったく見当もつかない場合だったら、大変なことになります。

デジタル優勢の時代で後戻りはできないのですが、少し怖さを感じました。

何か問題が起きたとき、誰かに質問して、仮に教えてもらえたとしても、結局はそれを理解できなかったり、自分で何かしらの措置がとれなければ、根本的には解決できません。

同じような問題はいくらでも起こり得ます。

デジタルの進歩に何としてでもついていなければならないと強く思いました。

本当に年始からヒヤッとしてしまいました。

今回の場合は、JDLから2千円の請求があるのか気になるところです。
向こうのプログラムの不備だったんだから大丈夫かな~とも思いますが、どうなんでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする