一人事務所の仕事

一人で働くことと組織で働くこと

こんにちは。

私は今、自宅で一人で会計事務所をやっています。

以前は組織で働いた経験もあります(とても大きい法人と小さめな事務所)。

どういうところで働くかということは、人それぞれの価値観ですし、その時々の自分の生き方や生活の仕方などで変化するものですので、どれがいいかというのは一概には言えません。

私の今の働き方は、私の今の生活には合っているので、それなりに満足しています。

でも、一人で事務所をやるというのは、それなりに大変なことでもあります。

仕事の量は落としているので、仕事自体が忙し過ぎて・・・というわけではありません。

それでも、一人で事務所をやるとなると、仕事以外の雑用的なことが沢山出てきてしまうんですよね。

苦手なことばかり

組織で働いていたときは、本当に楽でした。

コピー用紙がなくなれば、用意してくれているし、文房具も好きなように利用できます。

仕事中にコーヒーなど飲みたければ、用意されているし、事務所はいつもきれいに整えられています。

ちょっとした封書を送りたいと思えば、「これを出しておいてください。」とお願いしたりすることもできますし、切手や収入印紙は、欲しかったらすぐに出てきます。

自分の仕事に集中できる環境が整っている。仕事が中断されないように、徹底的に配慮されているんだな~と今さらながらに思います。

一人で仕事をするようになって、そういう些細なことをこなしていくのが、本当に大変だな~と思うのです。

暇なときはいいのですが、少し忙しくなってくると、本当に煩わしいのです。
いちいち仕事の手が止まってしまいます。

コピー用紙が切れそうだ、トナーななくなりそうだ、封筒がなくなる、切手がない、レターパックがなくなる。。。。。全部違うタイミングでやってきます。

細かいことが苦手なので、地味につらいのです。

人を雇いたくなる気持ちもわかる

こういうちょっとしたことが負担になってくるから、仕事量が多い人は、人を雇おうと思うのでしょうね。

本当にちょっとしたことをやってくれる人がいるというのは、本当にありがたいことですね。
気が回る人を雇えば、何の心配もいりませんもの。
おそらくほとんどの人は普段はそのありがたみに気が付いていないことでしょう。

今の時代、私の味方はAmazonです。

文房具などは、ポチればすぐに届けてくれますし、品揃えも豊富です。
簡単に注文できますし、コピー用紙などの定期的に必要になるものは、いいタイミングで勧めてくれたりもします。

Amazonがあっても、郵便局関係のものは自分で買いに行かなくてはいけません。
切手やレターパックなどを届けてくれるサービスがあるらしいですが、クレジットカード払いができないので、あまり役に立たないんですよね(もしかしたらいいサービスがある?)。

一人で仕事をやっていくためには、マメさと工夫が必要だな~とつくづく思うこの頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする