不動産投資の行方

不動産投資熱

こんにちは。

新聞の広告などを見ていると、毎日のように不動産投資の本の宣伝や不動産投資セミナーの情報が載っていたりします。

サラリーマンの方が不動産投資をするのが流行(?)しているようですね。

うちにも不動産購入を考えているクライアントを紹介してくださいというような郵便物が届いたりして、活況なのがよくわかります。

ただ、私は安易な不動産投資には反対の立場です。

世界的に見れば、まだ日本の不動産は割安ということらしいですが、都心は相当に値上がりしている印象ですよね。かといって、これだけ一極集中の現在、地方に投資するという選択肢もあまりないように思えます。

かぼちゃの馬車

かぼちゃの馬車というシェアハウスがあり、それへの投資が現在大問題になっています。

管理会社であるスマートデイズが倒産してしまったので、入居保証もなくなったオーナーは、借入金の返済に困ってしまっているようです。また、オーナーへの貸付先であるスルガ銀行の責任問題にも発展して、金融庁も乗り出した大きな話になってしまっています。

かぼちゃの馬車の詳細はわかりませんが、入居保証があるが故に高い建築費となってしまっており、明らかに物件に対しての借入額が過剰となってしまっているようです。

この問題で驚くのが、一般的には知的な職業についている医者などの専門家がオーナーであることです。明らかにおかしい話だったのでは?と思うのですが、そのあたりはどうなのでしょう。よっぽど管理会社のスマートデイズの勧誘が上手だったのかもしれませんが、そうはいっても自己責任ということになりますね。

金融庁もこの問題を重くみているらしく、金融機関への締め付けは厳しくなりそうですね。

出口が見えなくなり始める

不動産投資といっても投資ですから、利益を出すことが目的です。
物件を保有している間は、賃貸料収入を得て、頃合いを見て売却する。

ただ、金融機関が不動産投資に対して貸出を引き締めてしまえば、買い手の数はだいぶ減ってしまいます。相続税の改正以来、賃貸物件は増加しているので、売り手は沢山いたとしても、買い手がいなければ、売却できないか、相当安い値段で売却しなければならないということになります。

ただでさえ、オリンピックが終わったあとの状況が読めませんし、人口減の日本です。

不動産投資は金額が大きいだけに、失敗すると自分もその家族も人生が狂ってしまいます。

不動産投資をしようと思ったとしても、慎重にやることをお勧めします。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする