主婦パートの社会保険が変わる | これから続く制度改正の皮きりなのか

平成28年10月より一部のパート主婦も厚生年金加入

こんにちは。

テレビや新聞などで話題となっているので、ご存じの方も多いかと思いますが、平成28年10月から、主婦パートの方の社会保険の制度が変更になります。

よく130万円の壁という話を耳にします。

現在、主婦の方がパートをしていて、年間の収入が130万円未満であって、旦那さんがサラリーマンである場合には、旦那さんがお勤めの会社の厚生年金の被扶養配偶者となることができます(第3号被保険者といいます)。

ところが、平成28年10月にこの制度は改正になり、130万円の壁は崩れてしまいます。具体的には、年収が106万円以上の主婦パートの方であれば、自分自身が厚生年金に加入し、保険料を給料から天引きされることになります(第2号被保険者)。

ただ、106万円以上の収入の方であれば全員第2号被保険者にならなければいけないかというと、そうではありません。

①週20時間以上の労働時間
②月給88,000円以上(年収106万円)以上
③勤務期間は1年以上見込み
④学生は適用除外
⑤従業員数501人以上

という要件を満たす場合に、第2号被保険者となります。

⑤の従業員数が501人以上という要件を満たすためには、相当な大きな企業でパートをしている方に限定されるということになります。

先日、社会保険関連の研修を受けていて聞いた話ですが、この制度が始まる前の現在、大きなスーパーなどで主婦パートの方の多くが辞めてしまっていて、人繰りが大変になっているらしいのです。

それはそうかもしれませんね。

今までだったら、旦那さんの扶養に入り、厚生年金保険料や健康保険料を払わずに済んだのに、ある日を境に自分の給料から厚生年金保険料や健康保険料が天引きされてしまい、実質的な手取り額は減ってしまう。それも結構な額が天引きされていきます。

いずれは拡大されていくと予想する

今は大きな企業でパートされている方だけに限定されていますが、制度が定着して年月が経過していけば、中小企業でパートされている方にも広がっていくのではないでしょうか?

折しも配偶者控除の廃止の議論も進んでおり、もうすぐ税制改正されるとのことですし、時代の流れは、男性であっても女性であっても、パートであっても正社員であっても誰かを優遇するわけではなく、等しく税金や社会保険料の徴収をしようという方向に進んでいるのだと思います。
もしかすると、いずれ第3号被保険者もなくなってしまうかもしれません。

日本社会がこれだけ変容し、高齢化社会にもなってきた今、自分だけ優遇されて当然とは思えないはずです。

これが日本という国の現実ですし、文句ばかり言っていても仕方ありません。
みんなで同じ「日本という船」に乗っているのです。

これからいろいろな制度が変わっていく中、収入をコントロールして一定の枠内におさめるというのはナンセンスです。少しでも沢山稼いでいくことを考えたほうが結果的にいいような気がします。

主婦パート

主婦であっても働くことは大事

そうはいっても、女性は男性とは違った面で大変です。

小さなお子さんがいる人もいます。保育園に入れない人も大勢います。

介護をしている人もいます。

その上、家事労働のほとんどを自分がやらなくてはならない場合もあります。

フルタイムではとても体力が持たなかったり、時間的にも制約が多いのです。

だから主婦の方はパートが多いのです。

自分も実際に結婚して子供を持ってみると、仕事、子育て、家事を併行してやっていくことの難しさを実感しています。

それでもできる限り働いていくことをおススメしたいのです。自分にほんの少しでも収入があるということは、自信につながります。自分の欲しいものを誰に断ることもなく買えるというのも利点ですよね。

主婦の仕事探しもネットで楽々

今はとてもいい時代で、インターネットでパート探しもできます。

このまえ、主婦パートを専門に扱っているサイトを検索してみました。
すると、私が住んでいる町でも何百という案件が出てきたのです。
もう少し地域を広げると、それこそ何千というパート先が出てくるのです。

ちょっと気になったので、税理士事務所というパートを検索してみました。

私の住んでいる地域にはありませんでしたが、都心のほうでしたら沢山の案件が出てきます。
しかもそれなりに時給が高いのです。1200円~1500円くらいの時給は普通にあります。

これだけ沢山の案件が出てくるということは、本当に人手不足なのでしょうね。

税理士事務所でのパート

私は税理士なので、税理士業界のことはよくわかります。

この業界で最近言われているのは、在宅の主婦パートを積極的に使っていきたいということです。

インターネットの発達で、クラウド型の会計ソフトが出てきました。そして、それが今現在ではかなり躍進しています。

インターネット環境があれば、どこにいても記帳ができるということで、個人事業主さんや法人の経営者の方にも大好評です。
会計事務所としても積極的に使うところが増えてきました。

もしかすると主婦のパートの方に、在宅で記帳業務をお願いできるかもしれないというと考える事務所が増えてきています。実際にやっている事務所もあるようです。

私自身は、今のところパートの方にお願いするだけの仕事を抱えているわけではないので、人を雇うことは考えていません。でも、もし自分がパートの方を雇用しようと考えたとしたら、やはり基本的には在宅でやってもらうというスタイルをとるでしょう。そして出来高制という報酬のスタイルをとると思います(時間給にはしない)。

そのほうが、自分にとっても相手にとっても無駄がないですし、仕事・子育て・家事の両立がしやすいですもんね。

ただ、やはりそれだけ自由なスタイルで仕事をしてもらうには、それなりにスキルを持った人がいいな~とも思います。

・ITスキルがある
・簿記2級くらいを持っている
・コミュニケーション能力がある

自分の裁量で仕事をしてくれて、しっかりやってもらえるということが大前提になってくるからです。

もし、税理士事務所でパートをしたい方、パートをされている方であれば、しばらくは勤務という形態で仕事をして、それなりの信頼を勝ち得たところで、在宅での仕事をしたいと打診してみるのもいいでしょうね。

時代はどんどん移り変わっていきます。
税制や社会保険などの制度も変わりますし、便利なものもいっぱい出てきます。
いろんな流れを把握しながら、スキルを高めて、少しでも報酬の高いやりがいのある仕事を得てほしいと思います。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする