人と繋がっていくためにする努力 | 地道に続けていくブログの意味

人に会うとHPやブログの話になる

最近、事業をされている方に会うと、必ずネット関係の話をします。
集客(という言い方はあまり好きではありませんが)のためにどんなことをしているかという話になります。つまり、いかにしてお客さんと出会うかという話です。

インターネットは便利ですね。
人と人とが簡単に繋がることができます。

昔だったら出会うきっかけさえなかった人同士が、ネットを通じて出会うことができます。

これはすごいことです。

例えば税理士を探そうと思ったとき、昔であれば、誰か知り合いに紹介してもらうとか、税理士会に電話して紹介してもらうとか、無料相談で出会った税理士にお願いするとか、そういう方法しかなかったかもしれません(あるいは税理士紹介会社などに紹介してもらうとか)。

そういう探し方ですと、どうしても受け身ですよね。しかも、自分に合った税理士とは限りません。

けれど、今の時代ですと、インターネットで自分に合った税理士を探すことができます。
自分に合った税理士がどういうものであるかという物差しは人によって違います。

・料金がとにかく安ければいい。
・自分と性格が合う。
・対応がよさそう。信頼できそう。

人によって様々な視点がありますので、どんな基準で選ぼうと自由です。
選択肢は無限に広がります。

私をいいと思ってくれる人と出会いたい

私は独立して、しばらくしてからHPを作成しました。

一人でやっている事務所なので、ただ待っていてもお客さんはやってきません。

一人で仕事をすることの「意味」を考えたときに、どうしても譲れない事がありました。

きちんとした信頼関係を結べる人と仕事したい。お互いに尊重できるような関係になりたい。

ということです。

誰かから紹介されたお客様ですと、必ずしも信頼関係が結べるわけではありません。相性がいいとも限りません。自分でなくてもいいという可能性もあります。

だからHPを作成し、自分自身について書くことで、自分を選んでくださる方と出会いたいと思ったのです。

先日、面談した方から、
「先生のHPを見て問い合わせしました。読んでみると、自分と同じように子供を持って働いていて、似ているな~と感じました。先生の世界観というか、パワーが伝わってきていいなぁと思ったので問い合わせしました。」

というお言葉をいただきました。

本当にありがたい言葉です。
ブログを書いていても、こんなこと書いても仕方ないのではないか?とか迷いがあります。
独りよがりのブログなのではないか、とも思います。

ですので、そういう言葉をいただけるのは、とてもとても嬉しかったのです。

自分のやっていることが無駄ではないと感じられる瞬間でした。

よく感じることですが、ネットを通じて出会うお客様というのは、なんとなく自分と似たところがある人です。今のところ変なお客様というのはやってきません。
とても仕事に対して真面目な方が多いですし、適当にやってくれればいいから~みたいな人はいません。

HPを作るのは簡単

最初の話に戻りますが、最近、お客さんに会うと、よくHPやブログの話になります。

みんなHPやブログの良さや必要性がわかっていらっしゃる方ばかりです。
だからこそ、どうやってHPを作るか、どんなことをブログに書いていけばいいかは重大な関心事なのです。

事業をやろうと思う方は、それぞれに大きな想いがあります。

そういう想いを伝えて、それに共感してくれた人と繋がりたいのです。

たまにHPってどうやって作るのか聞かれます。
HP自体、作るのはとても簡単です。

私のHPも自分で作成しました(Wordpressというものを使って作成しています)。
もちろんHP作成のプロから見ると、ダメなHPかもしれません。
しかし、一人で商売をやっていて、人と繋がりたい、知ってもらいたいと思って始めるのであればこれくらいで十分のはずです。

ドメイン(HPのアドレス)が年間1,000円くらい。サーバのレンタル代が年間5,000円くらいです。大した負担ではないですよね。

あとはやる気があれば、自分で作成することができるのです。
本もいっぱい出ていますし、ネット上で解説しているものも沢山あります。

よくHP作成料20万円、サポート代月1万円みたいのがありますよね。

ハッキリ言ってやめたほうがいいですよ。
自分でできますから。

HPを作るのは簡単なのです。

それよりも、そこから「自分」を知ってもらうために何を書いていくのかが難しいのです。
これは誰も教えてくれません。ブログを書く人は、よく農耕民族に例えられますが、地味で忍耐力のいる作業なのです。すごく苦しいときもあります。そこが楽しくもありますが。。。
結局のところ、自分自身に向き合いながら、地道に進んでいくしかないのです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする