忙しい時期は仕事から学ぶことが多い|確定申告も終わりがみえてきた

確定申告も一段落

こんにちは。

今日は3月8日です。あと、一週間ほどで確定申告の期間も終わりですね。
個人事業主の方は、無事終えることができましたでしょうか?

私は一般的な税理士事務所に勤めたことがありませんので、税理士事務所の内情とかはよくわかりません。
この時期、個人のお客さんを中心に営業されている税理士事務所ですと、忙しくて目が回るほどなのでしょうね。

私は一人で細々と事務所をやっていますので、それほど多くのお客さんがいるわけではありません。ただ、それでも自分で全部やらないといけないというのは大変なプレッシャーですし、それなりに大変なのです。

そして、確定申告の時期は、それ以外の仕事も積み重なってくるわけで、それなりに忙しく過ごしてきました。とはいえ、残業をして夜まで仕事するようなことはしていませんし、睡眠なども通常と同じくらい取れています。
ただ、一週間、毎日朝から夕方まで全部仕事漬けのような日々にはなります。
仕事はかなり集中力が必要なので、朝から夕方までみっちりやると、ぐったりと疲れてしまいます。

そんなふうにず~っと仕事ばかりしていると、息が詰まるような感じがしてきてしまいます。

そんな自分も確定申告は終わりが見えてきまして、最後のお客さんの電子申告を控えているだけになりました(今年はこれ以上の受付はしません)。

忙しいのはイヤだと思いつつ

私はそれほど多く仕事したいタイプの人間ではありません。
子どもがいることもあって、家庭、仕事、自分自身のバランスを取りながらやっていきたいな~と思っています。
けれど、やはり忙しい時期というのは、それなりに貴重な時期だと最近思うのです。

確定申告のような期限に追われる仕事をすると、自分の中で仕事の効率性を考える機会となります。
また、いろいろなお客さんの確定申告をしていると、大変な面もありますが、やはり自分のスキルが上がるような気がします。
同時並行でいろいろ見るからこそ、得るものがあるのです。

すべての仕事がスムーズに進めば問題ないのですが、どこかでハマってしまうことがあります。そのときに、できるだけ冷静に解決しようとする努力が自分を成長させてくれます。

仕事の中で学ぶことは大きいですね。

そうはいっても、忙しいばかりではいけないとも思います。
時間に余裕がある時期がなければ、新しいことをやってみようという発想が生まれません。新しいことを勉強してみる時間も足りません。

仕事がイヤだと思う時期もありますが、少し休めば続けていこうと思える。
結局は好きな仕事ということなのでしょうね。

やがて忙しい時期も終わりを告げます。

しばらくはのんびりして、それから新しいことを考えたいです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする