仕事で電話を使わない理由

ホームページに電話番号を載せていない

こんにちは。

私は自分でホームページを作成しています。
ホームページ開設当初は、まだ右も左もわからない状態でした。
その時は「お問い合わせ」の電話番号を掲載していました。

けれど今は電話番号を載せるのはやめました。

今はお客様からの問い合わせは、メールのみで受けています。

電話は出られないことも多い

もともと電話は苦手なこともありますが、実際、電話に出られないことも多いです。
誰かと外で会っている場合には、電話の電源を切ってしまっています。
会っている人が優先ですから。
また、集中して仕事をしているときに電話が鳴ると、仕事の効率が落ちてしまいます。

あるいは、突然知らない方から電話がかかってきて、税務相談のようなことをさせられることもあります。これは本当に迷惑です。そもそも、よくわからないことに簡単に回答はできません。

そして、なによりも電話番号を掲載していると、営業の電話が多くて辟易してしまいます。
すごく集中して考え事をしているときに限って、SEOの業者などから電話がかかってきます(それがすごくしつこかったりします)。

そういうことが重なって、電話番号は掲載しなくなりました。

電話を使わなくてもスムーズな仕事ができる

世の中には電話を使って仕事をするのが好きな方、それが習慣の人もいます。
そういう方に合わせて電話を使って仕事をする場合もありますが、基本的にはメールでの対応をお願いしています。
もちろん緊急時に電話してくださるのは全然問題ないと思っています。

私のお客様は大体の方がメール対応が好きな方が多いです。若いお客様だけではなく、それなりのお歳の方でも、メールを使い始めると便利だとおっしゃって下さいます。

電話は行き違いが多いですし、メールのほうが相手の都合をそこまで考えなくて済みます。
(メールに類似したチャットワークなどを使う場合もあります)

電話を使うよりも、気分よく、効率的に仕事ができるのです。
そのかわりレスポンスにはそれなりに気を使っています。

「電話で話さないと失礼だ」みたいな風潮がなくなるといいのに。
切実にそう思います。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする