他人の力を借りる、自分の力を貸す|新年度の目標

自分でやってみたいことがあっても

こんにちは。

春ですね。
私が住む日野市では、今日から新学期&入学式です。
新年度が始まり、やっと通常運転に戻ります。

新年度ということで、いろいろやってみたいことが出てきます。

趣味だったり、勉強だったり、運動だったり。

いざ始めようと思っても、なかなか重い腰が上がりません。

何をしようと思ったとしても、一人で黙々とこなせる人は一定数いるかとは思います。
でもやはり人間は自分一人で何かをやるということは難しいです。

例えば楽器を始めようと思ったとして、楽器と教本などがあれば、自分で練習はできます。
でも思ったように練習が進まないと、あっという間に嫌になってしまいますよね。

こんな時こそ、人の力を借りてやることが必要です。

お金は多少かかるが

私もこの春、始めてみようと思っていることがあります。

それは英会話。

今は良い教材があって、自分で勉強しようと思えば、できる環境です。

自分でも少しはやってみました。

けれど、英語の勉強はかなり地味でつらいです。

なかなか継続することが難しいですよね。

そこで、人の力を借りて勉強しようと思っています。

それは、「オンライン英会話」です。

オンライン英会話はインターネットのskypeを使って、フィリピン人講師(ほかの国の講師もいる)と会話しながら学ぶというものです。

月額料金はそれほど高くなく、やろうと思えば毎日会話の練習ができます。

一人で黙々とCD聴きながら勉強するだけだと、イヤになってしまうけれど、これなら楽しくできるかもしれません。やっぱり人と話すのは楽しいですもんね。

今、どこのオンライン英会話にするか検討中です。
(このあと無料体験を受ける予定です)

便利な時代のサービス

いい時代ですよね。

普通の英会話教室に通うと、とてもお金がかかります。私の友人も以前80万円くらい払ったと聞きました(どこの英会話とは書きませんが)。

フィリピンの人は大卒の人でもなかなか仕事がないと聞きます。
日本のオンライン英会話の講師をすることで、フィリピンの人の雇用にもつながるし、自分たちも英語を安く学ぶことができる。まさにwin-winの関係です。

こういう便利なものを利用して、人の力を借りて何かをやるということは非常にいいことだと思います。

こういうことを自分の仕事にも利用できないかと考えたりもします。

誰かの役に立っていくために、便利なものを利用して、自分にとっても顧客にとってもメリットのあるサービスを提供する。私が持っている力をお貸しできる機会をどうやって作るか。
これから考えていきたいです。

仕事の面での新年度の目標です。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする