会社の名づけは難しい?| 法人化を考えるときの一番最初のハードル

会社名が決まらない

こんにちは。

法人化しようとして、一番初めに悩むのは、会社名だと思います。

先日もお客さんとお話ししているときに(法人化を考えています)、会社名を何にするかと悩んでいるとおっしゃっていました。

会社は自分の子供のようなものです。

安易に変な名前にしたくないし、後で変更すればいいや~ってもんでもないし(変更はできますが、定款変更や手続きが必要になりお金もかかりますので、できればしないほうが懸命です)。

他にいろいろ考えるべきことがあるのに、会社名が決まらないために先に進めない人もいるのではないでしょうか?

会社名の決め方の基本的ルール

会社の種類を表示する

会社を設立しようとするとき、「株式会社」とするのか「合同会社」にしようとするか決める必要があります(会社形態はほかにもありますが、現実的にはこの2つです)。

株式会社を選択すれば、必ず会社名(商号)に「○○株式会社」あるいは「株式会社〇〇」とつけなければなりません(合同会社でも同じです)。

使っていい文字、ダメな文字

会社名を決めるときには使っていい文字とダメな文字があります。

漢字、カタカナ、アルファベットは大丈夫です。

ただし、「!」「♪」「☆」「・・・」のような記号を商号に入れるのは禁止されています。
まあ、あまりそういうものを使おうとは思わないでしょうが。

会社法になってから商号の規制は緩くなったけれど

会社法という法律ができる前は、商法という法律に会社設立が規定されていました。

そのころは、同一地域内に同一の商号が存在することを厳しく規制していました。

商号というのは、会社のブランドそのものです。似たような商号が同一地域に存在すれば、そのブランドを侵害してしまう可能性があるので、厳しく規制していたのです。

だから昔は、同じような名前の会社が同じ地域にないかどうか、細心の注意を払う必要がありました。

会社法が施行されてからは、そのへんの規制は緩くなっているので、あまり神経質になる必要はないでしょう。ただし、あまり似たような商号を付けてしまい、他社の利益を侵害するような事案になってしまうと、損害賠償請求をされる危険がないわけではありません。

会社名を決めたのならば、いちおうネットなどで検索し、同じ地域に似たような会社がないか調べておきましょう。

実際の会社名はどうやって決めるのか

これは個々人で決めていくことなので、パッと決まってしまう人、以前から心の中で温めていた会社名がある人、いろいろでしょう。

実際、自分の名前を会社名にしてしまう人も大勢います(これはなかなかいい名前がないのでこうなってしまうのか、自分の名前が大好きなのかはわかりません)。

私であれば、「坂株式会社」とか「有希株式会社」などでしょうか?

これだとちょっと芸もないし、なんか恥ずかしいと思ってしまうのは私だけでしょうか?

横文字の名前をつけるのか漢字を使うのか

横文字の名前の会社、多いですよね。
かっこいい名前がつけられると思います。なんとなくできそうなイメージですよね。

ただ、会社の印鑑を作るときに、カタカナになってしまうかと思いますので、そこが難点ですかね。

漢字の名前は、少し固い印象でしょうか?

ただ、印鑑を作るときなどには困らないと思いますし、少し固い事業をやるような会社であれば、漢字のほうが信頼性は高まるかもしれませんね。

本で探す、ネットで探す

本屋さんで、いろいろな言葉が載っている本が売っています。
たとえば「美しい」という言葉を調べると、英語、フランス語、スペイン語、オランダ語、ポルトガル語・・・などではどういうかなどが書いてあります。
そういう本を利用して、自分のイメージする言葉をいろいろ見てみるといいかもしれません。

また、辞書(英和辞典、漢和辞典)などを使ってみてもいいでしょう。

自分の好きな趣味の雑誌をきめ細かくみて、何かいい言葉がないか探すのも一手です。

さらに、ネットで検索することもできます。

自分のイメージする言葉を入力してみると、検索結果が出てきます。
それを見ながらさらに検索を進めるなどです。

会社設立の最初のハードル、うまく超えて次に進んでくださいね。

会社設立のお手伝いもしています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする