freeeなどのクラウド会計は便利だけれど | 会計処理の難しさ

クラウド会計全盛期

世の中はどんどん便利になっております。

会計の世界においても流れは早くなってきており、新しいツールも生まれてきてます。

最近は、クラウド会計を使う方が増えてきましたね。

クラウド会計とは、従来のようにソフトをご自分のPCにインストールするものではなく、インターネットを利用して、会計処理を行うといったものです。
つまり、クラウド上に自分の会計ソフトがあり、そこにネットでアクセスするといったイメージでしょうか?

これの何が便利かというと、今までの会計ソフトはWindowsでしか使用できませんでしたが、Macユーザーでも使用できるといった点がまず挙げられます。

また、今は自宅や仕事場のPCだけではなく、ちょっと出先でiPadを使用したり、スマホを利用したりする方が増えました。
そのような複数台のツールであっても、クラウド上の一つのデータを見に行くことができるので、出先でちょっと処理をしたいなんて場合に多いに活用できるのです。

このような便利なものですので、特にお若い方を中心に使用しているように思えます。

便利でしかも簡単にだからといって正しいとは限らない

このようなクラウド会計は(私が扱っているのは現在freeeと弥生会計オンラインですが)、とても便利です。銀行口座やクレジットカードの情報をダウンロードしてきて、自動でソフト上に取り込んでくれます。そして、なおかつ、自動で仕訳まで生成してくれるといった素晴らしい機能もついています。

私も利用していますが、確かに便利です。

もしかすると今が過渡期であるということなのかもしれませんが、この取り込みは必ずしも完全ではありません。自動仕訳も完璧とはいかず、やはり人間の判断が必要になる部分があります。

また、自動仕訳ができない部分については、相変わらず人間が行う必要があります。

さらに言えば、データの取り込みを行い、必要な入力も自分でしたけれど、本当にこれで全部入力が完了しているか、またはそれらが正しいのか、判断できないという事態に陥ります。

いくらソフトが賢くなり、楽できる部分が多くなったとしても、ある程度会計の知識や経験がなければ、それが本当に完璧なのかなんてわからないのです。

もし仮にそのような不完全なデータを利用して税務申告を行い、税務調査が来て間違いが発覚したとしても、

「クラウド会計だから仕方ないね~」

なんて税務調査官は思ってくれないのです。

簡単が故に安易に考えてしまうことが怖いのです。

自分でできることは素晴らしいこと

今の世の中の流れは素晴らしいと思っています。

誰でも気軽にできて、自分で自分の事業の管理ができる。
一昔前だったら考えられないことです。

けれどやはり難しい部分もあります。
そういうちょっとした難しい部分は専門家の出番なのです。

誰かに自分の処理が正しいのかどうかをチェックしてもらえる。
それはすごい安心感になるのではないでしょうか?

一人でわからないと格闘する時間を自分の本来やるべき仕事に向ける。

もし悩んでいらっしゃる方がいれば、気軽に相談してほしいです。

freee、弥生会計の記帳支援業務をやっております

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする