体のメンテナンス

無理が積み重なったのか

こんにちは。

私は今40代です。
やっぱり若い頃とは明らかに体が変わってきてしまっています。
同じ量だけ食べていたら太ってしまいますし、疲れもとれにくい。
目がかすむ。数え上げたらきりがありません。

少し前まで仕事が忙しい時期でした。
PCに向かい、長い時間作業をします。
肩が痛くなり、腰も痛くなり、目もおかしくなってきます。
それでもやらなくてはいけないので、無理して続けます。

忙しい時期が終わってしばらく経った頃、変な腕のしびれが起こってきました。

いろいろ調べてみると、ストレートネックから来ているものらしいです。
首の骨が神経を圧迫して起きるしびれらしいのです。

確かにずっとPCに向かい作業をする割には、体のメンテナンスは何もしていませんでした。
忙しい時期はストレッチすらやっていませんでした。

このままだと私はどうなってしまうのだろう。。。

今が一番若い

何もせずにいたら、健康ではいられないんだろうな。

そんな不安があります。

自営業で仕事を続けていくためには、体が一番大事。

そんなことはわかりきっているのに、何もせずにいる自分は本当にダメだな~と思います。

現時点では、今が一番若いのだから、やっぱり「今」何か始めないといけないんでしょうね。

そうはいっても、この年代になって不調を感じてからだと、やれる運動も限られているような気がします。

ジョギングは昔膝を痛めてしまったからできない。
水泳もいいとはわかっているけど、デブの体で水着を着るのが恥ずかしい。
スポーツジムはお金がかかるし、仕事と子育ての合間に継続して通う自信がない。

こんな言い訳もどんどん沸いてきます。

ピラティス

以前、体調を崩して会社を休職してしまったことがあります。

その時に体を鍛えるためにやっていたのがピラティスです。

一日おきに1時間半程度やっていたのですが、これが本当にすごい。

3ヶ月くらい経つと、完全に体型が変わりました。
(やらなくなると、元に戻ってしまいますが)

大した運動ではないのですが、インナーマッスルを鍛える運動なので、お腹に縦の線が入るし、首もシュッとなります。姿勢もものすごく良くなります。足も細くなります。
そのときが人生で一番素敵な体型でした。

継続することがとても大変ですが、やればすごいのは実体験で証明済みです。

もともと病人のリハビリのために開発された運動ですので、歳をとって体力がなくなった人にもピッタリです。

なかなか毎日1時間半というのは時間が取れませんが、しばらくやってみようと思います。

個人的には、ダーシー・バッセルさんというバレリーナの方が書いた本がお気に入りです。
広い場所も必要ないし、ドタバタもしないし、マット運動だけだし。
DVDはないので、体の動かし方や呼吸法は、ひたすら本を読んで研究しなければいけません。
少し慣れるまでに時間はかかりますが、いったんコツをつかめば難しくないですし、確実に体は変わります。

始めることは簡単だけど、続けることが難しい。

どこまでやれるかはわからないけれど、刻々と迫ってくる老いに抗っていかないければと自分を鼓舞します。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする