病気になるとわかる健康のありがたみとママの健康管理の大切さ

突然の高熱に

こんにちは。

先週の木曜日の午前中、仕事をしていて、突然の違和感がありました。
どうもだるくて、辛い。

特に熱があるワケではないけれど、寒気と吐き気が襲ってきました。

普段は自宅を事務所として仕事をしているので、とりあえず横になることに。

とにかく寒くて寒くて仕方ない。湯たんぽを入れてみても寒い。
そうするうちに、だんだん足の関節も痛くなってきてしまい。。。

しばらく時間が経つと、ひどい高熱にうなされました(39度近い)。

何をすることもできず、ただただひたすら寝るしかありません。

一人では病院に行くこともできず、夫に連れられて夕方病院に行くことにしました。
インフルエンザの検査をしましたが、結果は陰性。
お腹の風邪という診断でした。

これを書いている翌週の月曜日。
まだ、気持ちが悪いですし、食事もあまりとれません。
回復にはもう少し時間がかかりそうです。

何とか仕事は始めていますが、これが繁忙期だったら・・・と恐ろしくなります。
本当に健康は大事です。

ママが倒れてしまうと家はかなり混乱する

こんな熱は数年ぶりです。

前に熱が出たときは、子供が3歳くらいの頃で、インフルエンザの時でした。
子供がインフルエンザにかかり、それが治ったと思ったら自分も発病したのです。

ちょうど夫が出張に行っているときで、3歳の子供を抱えて大変でした。

近くに住む義理の母に来てもらい、事なきを得ましたが、それができない人はどうすればいいのでしょう。考えるだけでゾッとします。

インフルエンザの熱は、罹った人はわかると思いますが、ものすごい破壊力です。
とくに大人になってから罹ってしまうと、本当に立ち上がれません。
子供の世話なんてできないのです。

でも子供は待ってくれません。

食事の世話はしなければなりませんし、遊んで遊んで~と来ます。

夫に任せて何とか食事を工面できたとしても、メニューには期待できませんし、家の中はかなり乱雑になってしまいます。

ママ自身の健康管理も

今は11月。

これからインフルエンザを始め、ノロやロタなどの感染症が流行ります。
子供がこれらの感染症に罹って、仕事をしているママはとても困ることになる時期です。

でも、それよりもひどいのは、自分自身がその感染症に罹ることです。

子供から伝染することも多いので、子供の病気で仕事ができない→子供が治った後で自分が罹り仕事ができない、という状況に陥ることもしばしばです(私だけかもしれませんが)。

本当に焦りますよね。

こうならないように、普段から健康管理は大事ですね。

できることは限られていますが、次のようなことはしようと思います。

・インフルエンザワクチンの接種(イヤですが)
・手洗いうがいの徹底
・体力をつけるように、普段から運動習慣を心掛ける
・疲れを溜め過ぎないように気を配る(ほどよく怠ける)
・ビタミンを摂る

これでも病気になってしまうこともあるんですが、頑張って寒い時期を乗り切っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする