働く母の強い味方|ハンドメイド作家さん、ありがとう!

小学校の入学説明会で途方に暮れる

こんにちは。

4月から我が子は小学生。
昨日、入学説明会があったので、小学校に行ってきました。

いろいろな説明を受け、準備するものの話になりました・・・。

小学校でも手作りが必要な物って多いんですね~。

レッスンバッグ、上履き入れ、ピアニカ用のバッグ、着替え袋、給食袋、防災頭巾入れ、雑巾などなど・・・・

びっくりです。

この忙しい時期に、この短い時間で作るとなると結構大変です。

もともと手作りするのは好きですが、それは余裕のあるときの話です。
働く母には時間がありません。
布買って(そもそもどのくらいの長さが必要か考えて)、布を切って、ミシンで縫って、持ち手なども付けて。
得意な人だったらそれほど手間でもないかもしれませんが、私は違います。
凝るタイプなので、布ひとつ選ぶにも吟味してしまいますし、ゆっくり考えないとできません。

ハンドメイドのサイトを検索

そういうときに働く母には強い味方がいるのです。

それはハンドメイド作家さんです。
ハンドメイドのサイトを検索すると、いろいろな作家さんがいらっしゃいます。

つい最近では、卒園式に着けるコサージュを注文しました。
本当に素敵なものが多いんですよ!
イ〇ンモールなどで売っている安っぽい品のないコサージュなどつける気にはなりません。
ハンドメイドサイトでは、安くても丁寧に作られた品のいいものがたくさんあります。

見ているだけでうっとりするのです。

今回の入学にあたり準備するものについても、サイトで検索し、一式引き受けてくださる方を探しました(防災ずきんカバーと雑巾は自分で縫います)。

子供が気に入った布で、レッスンバッグ、上履き入れ、ピアニカ用バッグ、着替え袋、給食袋の5点を作ってもらうことにしました。
(寸法などをお知らせして、見積もりを出してもらい、納得したら注文します)

ここで書いていいのかわかりませんが、全部で7千円程度でお願いできました。

当初、安くても1万円くらいかな、1万5千円くらいはするかな?と思っていました。
7千円と聞いて、びっくりです。素敵な作品を作っていただくのにそんなに安くていいのかと。
本当にありがたいことです。

それだけで食べていくのは大変だけれど、副業としてはいいのかも

ハンドメイド作家さん。
素敵なご職業だと思います。

もともと手作りが好きで得意な方がやっていらっしゃるのでしょう。

自宅でできて、家事や子育ての合間に時間を見つけてうまく仕事できるというイメージです。

ただ、競争が激しいのかしれないな~と思います。
入学を控えたこの時期はたくさん売れるけれど、それ以外の時期だとなかなか売上があがらないかもしれません。
また、流行のものを作らなくては売れないので、必ずしも自分の好きなものを作れるとは限りません。

なかなかそれだけで食べていくというのも大変でしょう。
それでも、不本意なパートなどをするよりも自分の得意な分野を生かして働くというのは素晴らしいことですし、なによりも自分自身のためになると思います。
やってみれば新しいアイデアが生まれるかもしれない。もっとこんなこともしてみたいと発展するかもしれない。
将来の自分につながる仕事となりえます。

インターネットが発達した現代だからこそできる新しい働き方ですね。

税理士としての観点から言わせていただくとすると、ネットを使った販売は意外に税務署の目も光っています。
もし普段お給料をもらっていて、副業としてハンドメイドをやっている場合、副業の所得(売上から経費を引いたもの)が20万円を超えてきたら確定申告が必要になります。

主婦の方でハンドメイド以外にお仕事をされていない方であれば、所得が38万円を超えてくると確定申告が必要になります。

日々、売上や経費をこまめに集計しておく癖をつけておきましょう。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする