歳をとってからも元気で働く女性たち | ハッピーばあさんになれるように

日本女性の貧困問題

こんにちは。

「女、一生の働き方 貧乏ばあさんから働くハッピーばあさんへ」(樋口恵子著)を読みました。

最近、「下流老人」という言葉が問題になっているのをご存じですか?

歳をとってから、思うように年金が受給できず、貧乏に陥ってしまうご老人が増えているのです。
日本は特に女性が長生きですよね。夫に先立たれた女性がわずかな年金だけで、細々と暮らしていくのは、さぞや大変だろうと思います。

夫が企業にお勤めで、被用者年金(厚生年金)に加入していた場合であれば、奥さんが専業主婦だったとしても、ある程度の受給はできます。けれど、裕福に暮らせるほどには受給額は多くないのです。
ましてや、夫が自営業者であって、国民年金であった場合には、受給額はさらに減っていきます。

そして、年金制度は今後ますます国の財政難とともに困難な方向へと向かっていくでしょう。
今、企業にお勤めの方であっても、雇用は不安定です。

誰もが、「下流老人」になってしまう可能性があるのです。

日本女性の賃金は?

では、女性も若いうちに働けばいいのでは。と思いますよね。
もちろん、働けるのであればそのほうがいいです。

私は会計士としていろいろな会社に出入りして、各社の給与台帳などに目を通してきました。
日本有数の一流企業であったとしても、女性の給料が男性のそれに比べて、大幅に少ないことに驚愕した記憶があります。

女性の職には、総合職、一般職と大きく分けて2種類あります。総合職の女性は男性と遜色ない給料がもらえています。
しかし、一般職となると、本当にひどいな~と思います。
もちろん、やっている仕事の内容が違うので、仕方のない部分はあります。しかし、女性も普通に残業もこなし、責任ある仕事をしていたとしても、一般職であるというだけで給料は低いのです。そもそものベースが違うのです。また、ボーナスの額などにも男性と大きく差がついてしまうのです。

女性は結婚して男性に扶養されて、男性をサポートするという高度経済成長の時代の名残が脈々と続いているのかもしれません。

また、女性は結婚出産を経て、退職をする場合がとても多いのです。
いったん仕事をやめてしまえば、子供を抱えて、条件のいい仕事を探すのは困難ですし、新たに厚生年金に加入できるような正社員の職を見つけることは困難です。
仕事を続けたくてもできない状況に追い込まれてしまう場合が非常に多いのです。
単純に働けばいい、厚生年金に加入しておけばいいという問題でもないのです。

ハッピーばあさんになるためには

今回読んだ「女、一生の働き方 貧乏ばあさんから働くハッピーばあさんへ」という本は、そんな女性に明るい生き方を示してくれています。

女性の人生には、出産、子育て、リストラ、介護、離婚など、さまざまな困難が待ち受けています。
もしそこに陥ってしまっていったん仕事ができなくなったとしても、人生は終わりではない。
女性特有の明るさと忍耐強さで、へこたれずにちょっとずつ進もうという内容です。

そういうおばあさんの実例が載っていて、自分もこういうふうになっていかなければならないな~と考えさせられます。

例えば、歳をとって旦那さんが先になくなって、年金が月に10万円程度しか受給できないとします(10万円程度しかという書き方は語弊があるかもしれませんが)。

月10万円だと、余裕のある暮らしができるかどうかはわからない。家賃だって払わなければないらないし、病院にもいく必要があるかもしれない。
そこで、専業主婦時代から、ずっと趣味で続けてきた手芸の講師をして、月に5万円ほど稼ぐことができたとしたら?

すごく助かると思いませんか?

または、子育てがひと段落した時点から勉強した介護士の資格を生かして、月に10万円程度稼ぐことができたら?

この本はそういう実例がいっぱい載っているのです。

歳をとってから働くのは、つらいことばかりとは限りません。人とのつながり、社会へ貢献できているという満足感。
そして何よりもお金を自分で稼ぐことができるという喜び。
そういうものを得ることができるのです。

もし今働くことができずに、悶々としている人がいるとしたら、未来には必ずできると信じて、少しずつでも何か動いてみることをお勧めします。
PTA活動などが将来の仕事につながったなどの実例も載っています。
自分の今していることは、決して無駄ではないのです。

今現在だけがすべてではない。

私も、今だけの利益にとらわれずに、自分が歳をとってどうなりたいか、もっと考えて動いていこう。そう思いました。

ではまた。

坂有希子「ごあいさつ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする