ママ友ではなく、自分の先行く先輩と|素敵な時間

小学校の振替休日?

こんにちは。

先日、ある商業施設に行ったときに、駐車場が満員でなかなか入ることができませんでした。
平日でしたので、普段だったら絶対に考えられないようなことです。

そこには有料の子供の遊び場があるのですが、その日はなぜかお母さんと子供たちが一杯です。小学生の子供たちも沢山いました。

その前の週の土曜日が小学校の運動会で、どうやらその日は学校の振替休日だったようです。

ママ友同士で約束している人が多いようで、グループで来ている人たちが沢山いました。

私は働く母ですので、子供は保育園に行っていましたし、小学校に入ってからは学童保育に
入れていました。
平日に休みがあるときには、学童保育に行ってもらうか、仕事を休みにして普段の休日には行けないような所に遊びに行ったりしています。
平日にママ友同士で約束して遊ぶという発想自体がありません。
でも幼稚園の頃からそういうのが当たり前という人たちもいるようです。

仲間に入れてもらいたくても、もうがっちりとグループは出来上がっていて入り込めませんし、それほど入りたいと思うほうではありません。
ただ、こういう振替休日みたいなときに、気軽に集まって遊べるお友達がいるというのは、子供にとってはメリットですね。まあ、子供同士約束して、適当に集まって遊べるようになればいいのですが、最近は親同士の仲が良くないと、それも難しいという事情はあります。
そういう面では、羨ましいですね。

母親同士の関係

昔はいざしらず、今は母親同士のネットワークというものが物を言う時代です。

社交的なママの子供には友達が多いですし、そうでないママの子供は休みの日に遊ぶ友達がいないという事態に陥りがちです。

私はというと、それほど他のお母さんたちと絡みません。
別にそうなりたくてそうなっているわけではないですが、子供が保育園出身だと、ママ同士で絡む機会もそれほどありませんでしたし、小学校に行けばそれほど親同士の仲が親密になる機会はありません。
もちろんPTAの活動などで仲良くなったりすることもあるでしょうし、保護者会などで積極的にママ友を作っている人たちもいます。
自分は社交的な人間というわけではありませんし、面倒くさいというのが正直なところです。
話しかけてもらえば、もちろん楽しくお話ししますし、無視したり、無愛想にするようなことはありませんが、敢えて壁を超えて親密になろうとまでは思わないというか。。。

仲良くなってみても全員が気が合うタイプではないし、正直苦手だな~と思うような方もいます。

母親同士仲良くなってみても、話す内容といえば、子供のことだけ。
その人自身がどんな人かは結局のところよくわからない。
子供の自慢話が延々と続く。
私と話していても、別の仲のいいママ友が来れば、私のことは無視。

そんなこともよくあります。
もちろんこの人とは気が合うな~みたいな人もいます。
仲良くなってみたいなと思うこともありますが、なかなか壁を超えることは難しいかな。

ちょっと先行く先輩ママ

ここ最近、2人の先輩ママとそれぞれお話しする機会がありました。

もうお子さんが大学生くらいのママです。
お二人とも税理士や公認会計士といった同業のママです。

同じ職業を持つ先輩ママだからこその苦労、悩みなどを率直にお話ししてくれます。
もちろん私も胸襟を開いて話すことができます。
ものすごく本音トークがさく裂です。

先を行く先輩ママの何がすごいって、普段私が悩んでいるようなことはすっかり経験済みで、それに対する明快な解答を持っているんですよね。
話を聞いていて、本当に清々しい。
かなり辛辣な話も飛び出します。
こういう職業のママだからかもしれませんが、本当に武士のような方々です。
見た目からは想像もできない話しっぷりです。

自分が普段考えたり悩んでたりすることが、すっきりしました。

ママ友というのとは違う。
同業の先輩で、私よりも少し先を行く人。
べったりした人間関係の中で語るのではなく、一期一会的な関係で本音で語り合う。

自分にとってはとても素敵な時間でした。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする