夏休みがやってくる|小学生にとっては自由な時間を満喫させたい

もうすぐ夏休み

こんにちは。

東京は毎日暑いです。
梅雨であるはずなのに、ほとんど雨は降りませんし、真夏のような暑さが続いていますね。

最近ネットを見ていると、『夏休みが恐怖』というお母さん方の書き込みを見かけます。

小学生の子供がいる母親にとっては、夏休みは頭の痛い時期ですよね。

何がそんなに苦痛かといえば、まずはお昼ご飯の問題でしょうか?

私のように働いていて、子供を学童保育に預けている母親にとっては、毎日のお弁当作りが苦痛で仕方ありません(傷まないように気をつけなければいけませんし)。

また、働いていない母親にとっても、子供が毎日家にいてお昼ごはんを用意するというのは大変なことです。自分だけなら適当に済ますこともできますが、子供に食べさせるとなれば、それなりに考えなければなりませんし。

さらに、子供が高学年になってくると、本当に働くお母さんが増えてきますので、日中どうやって過ごさせるのかというお留守番問題なども出てきます。

夏休みはのんびりする家庭が多いような

我が家の子供はまだ小学校2年生です。

昨年は小学校生活初めての夏休みで、よく要領がわからずに、割としっかりと学童保育に通わせていました。

しかし、周りのお子さんを見ると、みんなそれほどガッツリと学童には通っていない印象です。

祖父母の家に長めに行ったり、家族で旅行したりで、学童ベッタリにはなっていないようです。

もちろん家庭の状況や仕事の状況によるので一概には言えませんが、普段は忙しく働いていて学童に通わせているのだから、夏休みはそれなりに休暇を取って、子供と一緒に楽しみたいというご家庭が多いようですね。

学童に預けっぱなしではもったいないと考える人が多いようです。

私の住む地域限定の話かもしれませんが。

自分の夏休みを思い出してみると

私の母親は専業主婦でしたので、夏休みはもちろん家にいました。
それほど旅行に行く家ではありませんでしたので、夏休みといえば、友達と近所で遊んだりして、とにかくのんびり過ごしていました。

とにかく夏休みは特別な時間でした。

宿題といっても、それほど多くはありませんでしたし、何にも縛られない自由な時間が無限に続くのです(自分にとってはそんな風に思えました)。
学校に行って授業を受ける必要もありませんし、イヤなクラスメートに会う必要もないですし、楽しい時間でした。

そんなことを思い出すと、自分の子供にもそういう自由な時間を過ごさせてあげたいな~と強く思うのです。

今年の夏は、あまり学童ベッタリの生活にならないように心がけようと思っています。
(もちろん仕事で出かけないといけないときもあるので、全然行かせないわけではありませんが)

旅行に行ったり、一緒に普段できないことを勉強したり、いろいろ話したり。

子供と一緒に過ごせる時間は、そんなに長くないのですから、うまく仕事を調整してのんびりしてみようと思っています。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする