夏休みが終わり新学期に

学童のない夏休み

こんにちは。今日から子供の小学校では新学期。
全国的にはどうなのかわかりませんが、今は小学校の学習内容が多くなっている影響で、夏休みは短くなる傾向にあります。

私の住む日野市では、夏休みに学童保育に預けられるのは3年生まで。我が子は今年4年生なので、初めて学童のない夏休みを過ごしました。

大体どのご家庭も、夏休みは旅行に行ったり、お盆休みがあったりで、夏休みの全部を学童保育で過ごすわけではありません。でも、やっぱり行かなくなってみて初めて学童の良さやありがたみがわかりますね。

夏休みは学校がないので、どうしても生活のリズムが乱れます。
学童保育に行けば、おのずと勉強の時間があり、遊びの時間がありと規則正しく過ごします。また、お友達と過ごすので、子供同士楽しく遊べます。

子供だけで過ごす日中

我が家は自宅を事務所にして仕事をしていますので、それほど心配はないのですが(これはこれで仕事にならなくて困ります)、ほとんどのご家庭は、学童保育がなければ、夏休みの日中は子供だけで過ごすことになります。

きちんとしたお子さんであれば大丈夫なのかもしれませんが、ほとんどの子供はだらけます。母親が仕事に行った後、下手すれば二度寝してしまう子もいそうです。宿題もやらず、ゲーム三昧になってしまうことも考えられます。お友達を家に連れてきて、ゲームをやりお菓子を食べ、家はぐちゃぐちゃに。考えただけでも悪夢です。

最近の夏休みは暑すぎるので、外で遊ぶ子供は多くありません。日中も子供はほとんど見かけません。お友達と約束して、児童館で遊んでいる子などはいいでしょうが、なかなかお友達と落ち合うこともせずに一人で自宅で遊ぶ子も多いようです。

こんなんだったら、学校に行ってくれたほうがマシだと思う親が急増するのも無理はありません。

とにかく私たち親世代の夏休みとは、違うのです。

どうやって生活のリズムをつけるのか

我が家は今年は旅行をしてきました。夏休みの半分以上は旅行でした。普段できない経験をさせてあげたいという理由もありますが、だらだらとした無意味な夏休みにしたくなかったからです。

忙しい親の場合は、子供を塾の夏季講習に通わせるという手もあります。

塾なんてかわいそうと思う親世代も多いかもしれませんが、今の世の中は小学生から塾は常識です。意外に生活にメリハリが出て、親も子も満足できます。塾に行っている間にちゃんと勉強してくれれば、家でダラダラしていても、それほどイラつかずに済みます。

今年の夏休みは終わってしまったので、また来年の話にはなってしまうのですが、この悩みは多分子供が中学生くらいになっても続くような気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする