女性税理士と山登り|孤独な仕事を癒す趣味

X100tで撮影。景信山にて。

今年の新年会で

こんにちは。

税理士にとっては繁忙期が過ぎ去り(人によってはまだ続く)、ホッとできる時期になりました。
冬の間忙しく過ごしていて、自分の時間を持つことができなかった反動で、今は体を動かしたり、どこかへ行きたいな~なんて気分が高まっています。
私の場合は、子供がいますので、自分の自由に動けるわけではないのが残念ですが。

ちょっと前の話になりますが、私の所属する東京税理士会日野支部の女性税理士が自主的に開催している勉強会で、新年会を開催しました。その時の話です。

私が座ったテーブルには私を含めて4名の女性税理士がいました。

年齢はバラバラです。私が一番若いくらいで、年配の先生もいました。

私は最近、山登りを始めましたので、その話をそこにいるメンバーにしていました。

すると、そこにいる皆さん山登りをしているということで、かなりいろんな話をすることができました。

山小屋に泊まる強者も・・・

私は子供と一緒に山登りをしている程度なので、まだまだ初心者で始めたばかりです。

ゆくゆくは色んな山に行ってみたいとは思いますが、体力に自信があるわけではないので、まだ先のことでしょう。

そこにいるメンバーは、お正月休みには足慣らしのために高尾山に3~4回登ってきたとか、上高地から槍ヶ岳に行って縦走したこともあるという方もいました(もちろん山小屋に泊まる)。

そんなにすごいのか・・・と正直ビックリしましたし、行動力があるのだな~と感心してしまいます。

女性税理士と登山は相性がいいのか

独立して仕事をしている女性税理士は、普通の会社員とは少し違う生活をしています。
組織で仕事をするわけではなく、一人で黙々と仕事をすることが多いです。

普段は孤独なデスクワーク。

ストレスが溜まってしまうことも多いです。責任も重いし、悩むことも多い。

一方で、自分のペースで仕事をすることができるので、うまく休みをとって、平日に山登りに行ったりできます。

山登りというと、中高年の趣味というイメージがありますし、なんだか単調でつまらないと思われる方もいるかもしれませんね。確かに私も40代になって初めて山登りが楽しいと思えるようになりました。

会社員だった時代には、正直山登りなんて疲れるだけだし、興味もありませんでした。

今の仕事を始めて、何か体を動かせる趣味がほしい、ストレス解消になるようなものが欲しいと切実に思うようになりました。単に歳をとったからという理由だけではないような気がします。

「みんなで行くのも楽しいけれど、一人で登ることも多いし、そのほうが気が楽。気が向いたときに行くのよ~。」

「自分のペースでゆっくり行けばいいのよ。」

なんておっしゃっていた女性税理士の方もいました。

体を鍛えることもできて、心もやすらぐ。
女性税理士と山登りは相性がいいのでしょうね。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする