幼児教育無償化

幼児教育の無償化

こんにちは。

先日の安倍総理の記者会見。
幼児教育の無償化については、私にとってすごくインパクトがありました。

政治の話はここではあまりすべきことではないので、書きません。

ただ、幼児教育の無償化は、子育てをしている私たち世代にとっては大きな問題ですよね。

私の子供は小学校2年生で一人っ子ですので、この幼児教育の無償化の恩恵は受けることはありません。
けれど、今の子育て世代の現状を知っている身、そして日本の将来を憂う身としては、歓迎すべきことと思っています。

保育園に預けたい人がますます増える

現状、保育園に子供を預ける場合は、乳児であれば、月額4万円~8万円ほどかかってきます(自治体や各世帯の所得にもよりますが)。

小さな子供がいる家庭のお母さんならばわかると思いますが、小さなお子さんがいてフルタイムで働くというのは、並大抵のことではありません。
出産前から正社員で、育児休暇を取っている方であれば、すでに雇用は確保されています。その点では苦労しないでしょう。ただ、今の日本で正社員で働きながら、子供を育てるとのは気力・体力に溢れ、ご両親からのサポート体制が整った恵まれた環境にいる方でないと難しいです。
ほとんどの方は、パートタイムの仕事を見つけ、少しでも家計を助けたい、将来の蓄えをしたいと考えているかと思います。

にも関わらず、保育園の保育料が月に4万円以上かかるとなってくると、パートのお給料のほとんどが消えていくことになってしまいます。

そのため、働くこと自体を諦める方が多いのです。

今回の幼児教育無償化は、所得制限を設けないと聞いており、どのご家庭でも恩恵を受けられるようです。少しでも世帯の所得を増やしていきたい。将来に備えて蓄えておきたいと思っている女性にとって、大きなチャンスと言えるでしょう。

一方で、働きたいと思う方が増加して、ますます保育園が足りなくなることも予想されますね。この点は幼稚園の預り保育の拡大なども進んでいくことを期待したいですね。

年収が伸びない社会の中で

子供がいると、いろいろ迷いが出てきます。

働いてもっと稼げればいいけれど、子供の情緒面や健康面の心配もあるから、側にいてあげたい。そんな人も多いです。

色んな考え方がありますね。

ただ、昭和の時代のように夫が外で働いて、家庭は主婦が担当するという時代はもう終わっていることは確かです。
平均年収は10年前と比べて下がっています(非正規の問題とも絡むところなので一概には言えませんが)。

女性も働かなければいけない社会になっているのは確かです。
あとは、どうバランスを取って働くかです。
自分にとって心地いいバランス。子供に影響がないように働くバランス。それを考えることが大事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする