弥生会計オンラインで自分で記帳をしてみませんか?

弥生会計オンライン

弥生会計という会計ソフトを聞いたことがある方は多いでしょう。

電気屋さんに行ってもソフトが置いてあります。
中小企業や個人事業主の多くの方が、この弥生会計のソフトを使って記帳されています。

クラウド会計全盛のこの時代ですが、弥生株式会社から「弥生会計オンライン」というクラウド型のソフトが出ています(クラウド型の会計ソフトとは、今までのように会計ソフトを自分のPCにインストールして使うというものではなく、普通のインターネットの環境でアクセスして使う会計ソフトのことです)。

インストール型のソフトは、何かソフトのメンテナンスがあるたびに、その都度インストールしなおしたり、更新作業を自分でしていかなければならないのが面倒でした。
一方で、クラウド型の会計ソフトであれば、とくに利用者側で更新作業をすることはなく、常に最新のソフトを使えるという点がまず挙げられます。

また、いつでもどこでも(というと大げさですが)、ネット環境のあるところであれば自分のパソコンでなくても作業ができますので、出先でちょっとタブレットを使って入力したいな~なんて場合にも役立ちます。

そして、銀行明細の自動取り込みや取り込んだ取引の自動仕訳なんて機能がついており、非常に魅力的です。

1昨年あたりに出始めたのですが、最初はあまり使い物にならないような印象でした(通常の弥生会計のソフトが便利なのでついついそう考えてしまっていた面もあります)。

しかし、現在では改良を加え、だいぶ使いやすいレベルに進化してきているように思えます。

銀行明細の取り込みやYAYOI Smart Connectという自動仕訳機能も思ったよりも使えるようなのです。

クラウド会計全盛の時代

クラウド型会計ソフトを利用したいという需要が高まっています。
今、主流なのはfreee、MFクラウド、弥生会計オンラインあたりでしょうか。

もちろんどの会社も全力を尽くして改良していますので、正直どれを使ってもそれなりにできると思います。

一般的には、freeeは複式簿記を意識しないで記帳ができるという点に特徴があり、MFクラウドは少し簿記の知識があるような方に向いているといわれています。

弥生会計オンラインに関しては、見たところ、それほど複式簿記の知識がなくても通常の取引の記帳ができるようです(記帳した結果を複式簿記の仕訳で確認することもできます)。

弥生会計の今までのノウハウがそれなりに活かされているソフトに仕上がっている印象です。

弥生会計オンラインを使うべき人

法人を設立した社長

弥生会計オンラインは、残念ながら個人事業主は使うことはできません。
個人事業主で弥生のクラウドを使いたい人は、「弥生の青色申告オンライン」というのがあります。ただ、これはまだ発展途上のようなので、クラウドよりも通常の弥生の青色申告などのほうがおススメです。

弥生会計オンラインは、法人の経営者が使うべきソフトです。

記帳の経験があまりない人に適している

そして、弥生会計オンラインが対象としている人は、記帳の経験があまりない初心者です。自分でバリバリと記帳ができるような人は、逆にまどろっこしいかもしれません。

記帳の経験があまりないけれど、自分でやってみたい。銀行明細の自動取り込みなどを行って記帳の効率化をしたいと思う方に適したソフトと言えます。

対象となる業種は?

クラウド会計に適している業種というものもあります。

弥生の説明ですと、やはりクラウド会計は、インストール型の会計ソフトに比べると動きがもっさりしているので、特殊な仕訳をガンガン行うような建設業や製造業にはあまり向いていないようです。

向いている業種としては、

サービス業であれば、士業やコンサルティング業、広告業、デザイン業、Web・システム開発関連の業種、飲食業、理美容、小売業などです。

また、不動産関連の業種にも相性がいいようです。

銀行の入出金の自動取り込みで取引の多くを網羅できるような業種ということになるかと思います(飲食業などですと、レジのデータを取り込むこともできますので、それでかなりの記帳ができることになります)。

自計化は簡単なのか?

そうはいっても、記帳の初心者である人がいきなりクラウド会計ソフトを利用したからといってすぐに自計化できるわけではありません。

銀行取引の自動取り込みを行ったとしても、それだけで記帳が簡潔するワケではないからです。

最初にきちんとした記帳方法を構築しておかないと、あとで苦労することになります。

私が提案しているのは、最初はクラウド型会計ソフトの導入支援や記帳代行を会計事務所に依頼し、いろいろレクチャーを受けながら少しずつ自分でできることを増やしていく。
自分でできるようになったら、記帳代行してもらうのをやめて、チェックだけを依頼するということです。

そうすれば、会計事務所にかかるコストも徐々に減らしていけますよね。

自計化の支援をきちんと支援してくれる会計事務所はあまり多くないと思うので、会計事務所と契約する際には、よく確認してくださいね。

ちなみに、当事務所に依頼してくださると、一年間、弥生会計オンラインが無料で使えます。
(もちろん自計化支援します)

ではまた。

お問い合わせはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする