心の癖

臆病な心

先日、ある方と車の運転の話になりました。

その方は、若い頃はまったく運転しなかったそうですが、子供が産まれて仕事に復帰するに当たり、運転を練習して、その後仕事でも活用するようになりました。

最初はビクビクしていて、あまり運転が上手ではなかったようですが、今は都心にも車で行きますし、首都高なども平気で運転しているようです。すごいです。

一方、私は運転に自信がないですし、行ける自信があるところにしか行きません。
駐車場が停めやすいところしか行きたくないですし、首都高の運転もよっぽどのことがない限りしません。

若い頃(まだ20代の頃)は、割と平気で高速道路も走っていましたし、遠出もできていました。なのにいつの間にか、無難なことしかできない体質になってしまったようです。

心の癖

この話を夫にしてみると、私の考え方が理解できないそうです。

車の運転をするのは、彼にとっては楽しいことのようです。

というより、車というツールは自分の手足がどこまでも延長できるような気持ちになれる、そんなものであるようです。

どこにでもそれに乗って行きたい。
知らないところに行くのは、むしろワクワクする。
そう思うそうです。

できるだけ乗りたくない、怖いという私の考え方とは真逆ですね。

どうやら私の心は、小さく縮こまっているようです。
これが今や私の心の癖になっているみたいです。

考えてみればもったいない

こういう心の癖を持っている人は多いような気がします。

車の運転ひとつ取ってみても、私と同じように考えている人は結構周りにいるのです。
(とくに女性に多いような気がします)

一時が万事、新しいことを始めようとしても、「失敗するんじゃないか」と思ったり、人に何かを言いたくても、「怒らせるんじゃないか」と思ったり、誰かの手助けをしようとしても、「逆に迷惑になるじゃないか」と思ったりする。

常にネガティブな方向へ向かう心。

自分もそんな感じかもしれませんが、客観的に見れば、もったいないな~と思うはずです。

こんな心の癖はなんとか直していかないと、人生損しそうです。

心の中で不安に思う悪いことというのは、大体が杞憂であることが多いそうです。

よくよく考えれば、誰かをちょっと怒らせちゃったりしても謝ればいいですし、ちょっと失敗しちゃっても、深刻な失敗でなければ問題ないですよね。

こういうネガティブな心の癖がある人とない人の差。
歴然としています。
引き寄せの法則みたいなものをよく聞きますが、結局こういう心の癖が影響しているのでしょうね。

失敗することを恐れて何もしなければ、何も起こらない人生になる。
無難でそれもいいですが、どこか物足りなくなるはずです。

こういう心の癖に気が付いたら、

「心配ないよ」

と常に自分に言い聞かせたいですね。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする