夕方の忙しい時間をどうやったら余裕あるものにできるか

仕事×家事×子供の教育

こんにちは。

今年になって子供が小学生になり、自分の仕事も少しずつですが軌道に乗ってきたように思えます。

小学校というのは保育園とは違い、子育てのサポートをしてくれるわけではありません。
また、子供の心もどんどん発達しています。幼稚園や保育園の頃はただ遊んでればよかったものが、習い事や勉強に割かなければならない時間も増えてきます。

そんな中で、仕事と家事と子供の教育(子育て)の3つをうまく回していくのは、大変なことなのだと、あらためて実感するこの頃です。

夕方の苦痛

最近、時間の使い方に無駄があるな~とすごく感じているのです。

私は自宅を事務所として仕事をしているので、通勤するということに時間がとられていません。なので、お勤めされているお母さんよりも時間には余裕があるはずなのです。

平日は、朝からある程度時間を決めて仕事をしています。子供が学校から帰ってくる時間に合わせて買い物をしたり、夜ご飯の支度を始めます。

この夕方の忙しさが、今自分をすごく苦しめているのです。

仕事で疲れているところに、買い物、ごはんの支度、子供の勉強を見るという苦行が待っている。
子供の勉強はある程度しっかりとみてあげたいのに、子供というものは簡単に言うことを聞かないですし、そもそも勉強を始めるまでに時間がかかります。そして、いざ勉強を始めても、ふざけてしまったりで、なかなかうまく進みません。

勉強をしっかり見たいのに、やらなければならないことが沢山あって気にかかる。何もかも中途半端になって苦しいのです。

おそらく私の時間の使い方が下手なのでしょう。
やり方を変えていくときなのでしょうね。

週末にまとめてごはんを作るのはどうだろう

もしかすると、働くお母さんは当たり前のようにやっているかもしれませんね。

土日を使って、一週間分の料理をまとめて作るのはどうだろうと考えました。

そうすれば、普段の食事の支度はごはんを炊くくらいになりますものね。

でも、まとめて作るのは大変だろうか?そもそもどのくらいの量を作るのだろうか?冷蔵庫に入りきるか、などと色々考えてしまいます。
(今でさえ冷蔵庫には色々な物が入っています)

41ebvr6gdsl-_sx340_bo1204203200_

そこで、こんな本を買ってみました。

大野多恵子さんという方の「冷蔵庫さえ片づければ、なにもかもうまくいく」という本です。

冷蔵庫は部屋などと違って人様にお見せするものではないですし、ついつい片付けが後回しになってしまうものですが、ここをキレイに片づければ、色々なことがうまく回り始めるらしいのです。
そして、なかなかうまくできない冷蔵庫の整理方法も書いてありますので、いいかな~と思って購入しました。

冷蔵庫の片付けはかなり憂鬱な作業ですが、なんとか近いうちにやってみたいと思います。しなびた野菜とか一杯出てくるので(汗)、かなりの覚悟が必要です。

作り置きの本なども沢山出版されています。
作り置きというと、大体しょっぱい味付けが多いので、気が進みませんでしたが、こちらの本を買ってみました。

513whg9n45l-_sx350_bo1204203200_

スガさんというブロガーの方が書いた「ラクする作り置き」という本です。レビューを見ると、味付けがしょっぱくないし、家にある普通の調味料で作れてしまうものが多いので良いとありました。

これで少し試行錯誤してみようと思っています。

日々忙しいですが(自分で勝手に忙しくしているようなところもありますが)、問題があったときは、自分を変えるいいチャンスですね。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする