意図して働き過ぎずないようにする|子育てと仕事の両立のために

小学校生活で変わってきた

こんにちは。

私の子供は現在小学校1年生です。
小学校に入る前は、保育園に通っていました。
保育園とは、本当にありがたいところで、子供にとっても働く親にとっても至れり尽くせりの環境です。
一人一人の状況に合わせて、先生方がきめ細やかに心を配ってくれます。
本当に安心して、仕事ができる環境でした。

小学校に上がってみると、保育園に通っていたときと状況はだいぶ違ってきます。

小学校に通うというのは、子供にとっても負担がかかるようで、我が子は最近よく風邪をひいてしまいます。集団生活で菌をもらってきてしまうというのもあるでしょうし、保育園に比べると授業を受けたり、勉強をしたりということで、疲れているのかもしれません。

そして、子供が風邪を引いてくると、もれなく私にもうつってしまいます。

本当にここのところ、子供も私もよく風邪をひいています。

子供が治ったと思ったら、私が罹り、私がちょっとよくなったと思ったら、また子供が罹るというループになってしまっています。

私は年末に風邪が悪化してしまい、気管支炎で熱が出て、今もずっと体調がすぐれません。

税理士業界は繁忙期に差し掛かり、なかなかちゃんと治すことができずにいます。

時間の余裕、心の余裕

私は、自宅を事務所にして一人で仕事をしています。

どのくらい仕事をするかは自分で決めることができます(仕事しなければ収入はありませんが)。

子供が小学校に上がる前は、こう思っていました。

「子供が小学校に上がれば、もう少し仕事につかえる時間が増えるだろう。」

けれど、現実はなかなかうまくいかないことに気が付きます。

子供の話を聞いてあげたり、勉強を見たりする時間が必要です。
子供は母親のことをよく見ていて、仕事ばかりしていると文句を言ってきたりもします。
そして、うちの場合だけかもしれませんが、よく病気をしてしまいます。

もし今の自分が、仕事を詰め込み過ぎていて、子供が風邪をひいたり、自分自身が病気になったりしたら、本当に大ピンチになってしまいます。無理して仕事をしなければなりませんし、子供のことに気を配れずに後悔してしまうかもしれません。

本当に時間の余裕、心の余裕というものが働く母には必要です。

今の自分に必要なのは仕事をし過ぎないこと

自分は目の前に仕事があると、ついついやりすぎてしまいます。

仕事があると早く片付けたくなってしまいます。終わっていないと、なんとなくソワソワして気になってしまいます。

でも、最近はそういう気持ちを少し抑えて、できるだけやりすぎないように心掛けています。
仕事をする時間も一日何時間くらいと区切っています。

沢山仕事を取っていけば収入は多くなるかもしれません。
だけどどこかで息切れしてしまうことがわかっています。

今この瞬間だけがすべてではないと、大人になった自分はわかるようになりました。

もっと長い目で見て、過去、現在、未来の自分を考えられるようになったのです。

せっかく子供を授かったのだし、子育てしながら仕事をするといってもそれほど長い時間ではない。今はのんびり行こう。そう思えるようになっています。

周りの人がみんな子育てをしながらバリバリ働いているように見えますし、そうでなければならないような気にさせられてしまいがちですが、焦る気持ちに少しブレーキをかけて立ち止まることが必要なのだと思います。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする