旦那さんの社会保険の扶養の範囲から外れる収入| 自営業の場合は少し難しい

旦那さんが会社員 奥さんが自営業の場合

パートで働いている主婦について、よく世間で言われているのが、103万円の壁、130万円の壁というものです。

103万円の壁とは、所得税の税金がかかっているかどうかの瀬戸際の収入のことであり、130万円の壁とは、社会保険の扶養の範囲から外れ、自分自身で国民健康保険や国民年金に加入するかどうかの瀬戸際の収入のことを指します。

旦那さんが会社員の場合、会社の社会保険に加入しているので、もし奥さんの収入が130万円未満であれば、奥さんはその社会保険に被扶養者として加入することになります。

これは、あくまでも給与所得者のことについて言っているものであり、奥さんが自営業者である場合には、少し違った考え方をします。

起業している女性がいつかは超えて行く壁

起業する女性は、いきなり会社設立をすることはあまりなく、最初は個人事業主として起業することになるかと思います(青色申告をしてくださいね)。

そして、最初はすごく小さく事業を始めることになるので、初めのうちは旦那さんの社会保険の被扶養者(扶養の範囲内の人)として、とくに自分で社会保険については意識することはないでしょう。

それでは、どの段階から自分で社会保険のコストを支払っていく必要があるのか?

旦那さんの加入している健康保険組合によって解釈に差があるようです。そもそも奥さんが自営業であれば、社会保険の被扶養者になることができないとしている健康保険組合もあるようです。

しかし、一般的には(協会けんぽなど)、売上から必要経費を差し引いた所得が130万円未満であれば、旦那さんの被扶養者となれるようです。

ここで、パートなどの給与所得者と違うのは、

売上―必要経費=所得(青色申告特別控除を差し引く前)

が130万円未満か、130万円以上かという点です。

それでは必要経費とは何かということが問題になりますが、これも会社によって差があるようです。
売上を稼ぎ出すために必要最低限の経費のみ必要経費なのだと考え、減価償却費などの現金支出をしていない費用は認められないとしているところが多いようです。ここもよく確認していただきたいところです。

扶養の範囲に調整してなんて・・・

よくパートしている方で、扶養の範囲になるように収入を調整(働く時間を調整)するということを言っている方がいますね。
もちろん、あまり多くの時間を仕事に費やせないという方にとっては、旦那さんの扶養の範囲から外れると、自分で社会保険のコストを支払う必要がでてきます。その結果、収入は大幅に減少してしまうことになるので、お気持ちはわかります。
時間給で働いている方にとっては、調整しやすいということも理由でしょう。

ただ、個人事業主の方は、せっかく自分で事業を始めて、自分の好きなことで稼いで行こうと思っているのに、扶養の範囲になんて縛られてしまうのは、ちょっと違うのではないのかな~と思ってしまうのです。

事業には波があって、稼げるとき、稼げないときがあります。チャンスがせっかく来て売上が伸びそうなときに、扶養の範囲に収めたいといって、チャンスを逃してしまうのはもったいないですよね。

自分で社会保険に加入すれば、老後にもらえる年金の額を増やすことができるでしょう。
そして何よりも自分がせっかく始めた事業を少しずつ大きくして、お金を得ることができるというのは、何にも勝る喜びなのです。

お金の問題。これは誰にとっても重要です。
目先の利益だけではなく、長い目で考えていきましょう。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする