新しい季節|PTAや自治会などやらなければいけないことが多すぎる

新年度を迎えて、新しい生活

春になり、新しい年度を迎えました。
寒い間は、黙々と仕事をしていた感じですが、新しい季節になり、生活に変化も生まれてきます。

学童の役員

私には小学生の子供がいます。この4月から2年生になりました。

私は自宅でですが働いているので、子供は学童保育に通っています。

当然のことですが学童保育には、親が働いている子供が通います。
子供が保育園の頃にはわからなかったのですが、学童保育にもPTAのようなものがあり、何か役員をやらなくてはいけません。

小学校のPTAほど大変ではないかもしれませんが、働く母親にとってはかなりの負担です。
小学校のPTAも子供が小学校に通ううちに一度はやらなければなりませんので、ダブルで負担になってくるのです。

私は今年役員になりまして、学童保育連絡協議会(通称連協)というものの役員になりました。

「連協(れんきょう)」

最初は聞きなれない言葉に戸惑いました。

これは学童保育に通う子供たちの環境をより良いものにしていこうという集まりのことで、役所、学童保育、親などで協議する集まりらしいです(詳細がまだわからずうまく説明できませんが)。

私の地域でいえば、学童保育は今のところ日野市が運営しているので、日野市と日野市内の各学童保育の保護者、学童保育の職員方などで協議をするものです。
各学童から問題点を吸い上げ、それを集約し、行政(学童の運営者)に伝え、改善していくというプロセスをとります。

そして、連協は月に1回開催されるようなので、他の役員のお母さんたちと交代で出席することになりそうです。

自治会の役員

また、私の住む地域では、自治会というものがあり、持ち回りで役員をやることになっています。
今年は役員をやる年なので、私は自治会の会計係になりました。

避けて通れないものもある

これらの集まりは休みの日に開催されます。
子供たちのためのもの。地域のためのもの。
必ずしも必要な活動かどうかはわかりません(必要性を考えだしたらキリがなくなります)。

けれど、社会に属する以上は避けては通れないものがあります(こういうことは子供の頃や独身の時にはわかりませんでした)。

自分はどちらかと言えば、効率を重視するタイプの人間です。

必要なところには注力すればいいし、必要のないところはあまり力を使わない。

若い頃はこれでよかったのです。

ただ、周りを見渡してみれば、高齢化社会。そして、親として子供をサポートしていかなければいけない立場です。
たとえ無駄だと思われることでも、自分たちの世代がいろいろ動いていかなければいけないのでしょう。

自分の時間が欲しい~

スケジュール帳を見ると、とくに4月は毎週のように何らかの活動があります。
普段は仕事して、やっとゆっくり過ごそうと思っても、行かなければいけない。

何だか最近とても忙しい気がしています。

自分の仕事のこと、子供の勉強のこと、家のこと、自治会、学童の役員。

てんてこ舞いです。

少し余裕ができたらやってみたいな~と思っていたことに手を付けることができずに焦り気味の毎日です。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする