間違えて納めすぎてしまった税金を取り戻そう | 更正の請求

過去の間違いをどうやって取り戻すか

こんにちは。

確定申告をしていて、

「あら~去年の申告間違えちゃった」

なんてことはありませんか?

例えば、減価償却費を入れ忘れてしまったとか、個人事業税を経費にするのを忘れたとか。
いろいろと出てくるものです。

そういう経費を入れ忘れてしまったなどの理由で、昨年の申告額が正しい申告額より多くなってしまった人は、

「更正の請求」

という手続きをして、納めすぎてしまった税金を取り戻すことができます。

この手続きはそれほど難しいことではありません。

更正の請求とは

更正の請求とは、過去に提出した申告に誤りがあり、下記の1~3のいずれかに該当する場合で、その確定申告書の法定申告期限が平成23年12月2日以後である場合には、当該申告期限から5年以内に限り、所轄の税務署長に対して、その所得金額又は税額等について更正すべき旨を請求する手続きのことです(納めすぎた税金や還付金額が返ってきます)。

こういう人が更正の請求をすることができます。

1、納付すべき税額が過大であるとき

2、純損失等の金額が過少であるときまたは純損失等の金額の記載がなかったとき

3、還付金額が過少であるとき又は還付金額の記載がなかったとき

1は入れるべき経費を入れてなかったという場合や売上を二重に計上してしまった人などが該当します。
2は繰越損失の申告をし忘れてしまった人などが該当します。
3は医療費控除をし忘れてしまった人などが該当します。

更正の請求書の書き方

更正の請求書の書き方はそれほど難しくありません。

国税庁 更正の請求書(国税庁のサイトへのリンクです これで更正の請求書が出てきます)

上記の書類を1枚書いて、あとは関連する資料をコピーして出せば完了します。

上記の書類は「申告しまたは処分の通知を受けた額」と「請求額」の欄とに分かれています。

この「申告しまたは処分の通知を受けた額」の欄は、実際に申告書に記載した金額をそのまま写せばいいだけです。
そして「請求額」の欄には、間違えた金額を加味した正しい金額を記載します。

更正前、更正後の数値がふたつ並ぶことになりますので、どこか間違っていた箇所なのかが一目瞭然です。

あとは必要な資料を用意します。
例えば医療費控除をしてなかったのであれば医療費の領収書と明細を用意して添付します。
入れるべき経費を入れていなかったのであれば、経費の領収書などの添付。あとは念のため総勘定元帳(経費を入れる前と入れた後の両方のもの)などを添付すればいいはずです。

更正の請求書にはマイナンバーの記載が必要

これは平成28年から必要となった事項ですが、更正の請求書にはマイナンバーの記載が必要です。

郵送で提出する場合には、請求書自体にマイナンバーを記載し、マイナンバーの通知書のコピー(マイナンバーカードがある人はそのコピー)と免許証などのコピーを一緒に出しましょう。

本当に簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

ではまた

個人事業のご相談も承ります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする