書くことの素晴らしさ|一年の初めにこれからの目標を書いてみる

書くことの難succes start hereしさを実感する

明けましておめでとうございます。東京都日野市の女性税理士 坂 有希子です。

独立してからあっという間の一年。初めてのことばかりで暗中模索の毎日ですが、今年も前向きに進んでいこうと思います。

独立してから、どうやったらうまく人と繋がることができるかということを考えてきました。
今の時代、ただ電話の前で待っていても人はやってきません(笑)。
いろんな人の話を聞いてみて、私なりに考えた方法がHPを作り、ブログで発信するというものでした。

9月の終わりごろから始めて、まだ3ヶ月程度なので、まったく偉そうなことはいえませんが、
ひとつ言えることは、自分自身の意識が大きく変化したということです。

普段思っていることを文章で伝えようとするのは、本当に難しいです。
顔を見ながら話すこととは全然違います。
物事を深く考えて、自分の中できちんとまとめて書かなくてはなりません。
まだうまくないですが、最初の頃よりは少しずつ進歩しています。

また、生活の中の些細なことやちょっとした話題もよく観察するようになりました。

日々、どんなことを発信しようかと考え続けて自分自身が変わっていくような感覚です。

私の場合は、起業をしたい人や中小企業の経営者などに対して主に発信したいと思っているので、
それらの人たちを喚起できるような内容を考えたいと思っています。
これって自分自身にとって、ものすごく勉強になるし、楽しいんです。
発信しようとして世の中を見ると、ますますやりたいことが増えていくし、こうなっていきたいということが増えていくんです。
ポジティブになり、いい循環に入っているような気がします。確実に成長しているという感覚です。

一年の初めに目標を書いてみる

私が毎日チェックしているブログの中に、
「自分は毎年、年の初めに目標を紙に書き出している。1年後、5年後、10年後、どうなっているかという姿を書く」
というものがありました。

こういう話は結構あちこちで見かけます。

子どもの頃にも言われたような気がしますが、何だか恥ずかしいような気がして(必要とも思えませんでしたし)、やったことはありませんでした。

今になって、ものすごく大事だとわかります。

自分の中の価値を明確化するということなのでしょう。

やりたいこと、やらなくてはならないことは沢山あります。
その中で取捨選択をしなければなりません。
自分の価値を明確にすれば、それを軸にして進むことができる。自分がブレないということなのでしょう。

単に心の中で思うのではなく、紙に書くことで、価値は確固たるものになります。
何でも書き出してみようとすると、案外難しいので、より深く考えることになります。

私も明日の仕事初めには、まずこれをやってみたいと思います。

ではまた。

坂 有希子会計事務所 「ごあいさつ」はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする