法人の経理を楽にするためには、「現金」を持たないほうがいい

現金勘定を使うことの煩わしさ

こんにちは。

今日は法人の経理について書きたいと思います。

従業員を抱えている大きな会社であれば、当然「現金」という勘定を使って経理をしています。小さな手提げの金庫に決まった現金を入れておいて、経費の精算をその現金から行いますね。

ただ、現金を持つということは、とても煩わしいことでもあります。

まず、現金出納帳を付けなければなりません。そして、一日の業務の終わりに現金の数を数えて、帳簿と残高が合っているかを確認する作業が必要です。また、現金の残高が少なくなってくると、銀行から現金を引き出してきて、手提げ金庫に入れるという手間がかかります。

経理を専門にやる人員が確保できる会社であれば、それもいいでしょうが、一人社長の会社や家族経営で業務を行っている会社の場合には、経理にそれほど時間をかけていられません。

現金は持たないでいい

本当に小口現金(手許においておく現金)というのは必要なのでしょうか?

できるだけ経理の手間をかけないためには、現金を持つ必要はないのです。

例えば、一人社長の会社で、交際費の支出を行うような場合で考えてみましょう。

まず、法人名義のクレジットカードを持っていれば、それを使うのがいいでしょう。
(法人名義のクレジットカードの支払いは、法人名義の銀行口座から行われます)

また、社長個人が立替経費として現金を支払い、のちに会社に立替経費の精算という形で請求を行うという方法でもいいでしょう。一か月に一度、まとめて立替経費を精算し、会社の口座から個人の口座に振り込んでもらいます。
会社の口座と個人の口座が、同一銀行で同一支店の場合には、手数料がかからないところが多いようです。インターネットバンクを使えば、振込にも手間はかかりません。

これらの方法をとれば、手許に現金を置いておく必要はありません。

中途半端に現金勘定を設けてしまうと面倒ですので、避けましょう。

クラウド会計を使用すると(freeeやMFクラウド)、クレジットカードの明細は同期できますし、経費精算も楽に行うことができますので、便利です。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする