白色申告の場合の帳簿とは|規模の小さい事業者は白色申告でも十分な場合もある

白色申告と青色申告

こんにちは。

もうすぐ確定申告がやってきます。頭を悩ましている方も多いかもしれませんね。

個人事業主の申告方法には、青色申告と白色申告という2つの種類があります。

私は税理士ですので、いろいろと特典の多い(節税できる可能性のある)青色申告をおススメしています。

青色申告の特典|個人事業主にはぜひ青色申告をすすめたい

しかし、青色申告をしようと思ったら、青色申告承認申請書というを税務署に提出する必要がありますが、今年の分の確定申告であれば、もっと前に申請書を提出しておく必要がありますので、青色申告をすることはできません。
(今年開業された方で、開業から2ヶ月以内であれば、今からでも間に合います)。

もし、来年分の申告を青色申告でしたいと思う方は、今年の分の確定申告書を提出するタイミングで(3月15日までに)、青色申告承認申請書を提出してくださいね。

ただ、青色申告には特典はありますが、帳簿を付けることがやや難しいと思われます。それは、複式簿記で付けなければならないからです。最近は複式簿記を意識せずとも記帳ができるソフトもありますが、やはり少しは勉強が必要です。

事業を始めたばかりでそれほど売上が多くない方、それほど多くの所得が発生するわけでない方は、あえて青色申告をしないという選択をする場合もあります。

では、白色申告はどんな帳簿をつければいいのか、帳簿の保存期間は何年かなどを書いてみたいと思います。

白色申告の記帳制度

対象となる人は

事業所得、不動産所得または山林所得を生じるような業務を行っている人はすべて記帳を行わなければなりません。もし、今年赤字が発生してしまうような方であっても、必ず記帳をし、帳簿を保存しなければなりません。

以前(平成25年以前)は、白色申告をする人のうち、前年又は前々年前の所得金額の合計額300万円を超える人だけが、帳簿を作成が必要とされる方となっていましたが、今はそのような制限はなくなり、すべての事業者の方に帳簿作成の義務があります。勘違いされないように気を付けてください。

記帳する内容

  • 売上などの収入金額
  • 仕入や経費に関する事項

これらの事柄に関して、取引の年月日、売上先・仕入先、その他の相手方の名称、日々の売上・仕入・経費の金額等を帳簿に記載します。
記帳にあたっては、一つ一つの取引ごとではなく、日々の合計金額をまとめて記載するなど、簡易な方法で記載してもいいことになっています。

私が今まで見せていただいた個人事業主さんの帳簿は、かなりユニークなものもありまして、本当に何が書いてあるのかよくわからないメモのようなものもありました。
ソフトなどで几帳面に整理して記帳する方もいますが、ノートに手書きなどでも問題ありません(きちんと内容が充実していればですが)。

記録保存制度

帳簿等の保存

収入金額や必要経費を記載した帳簿のほか、取引に伴って作成した帳簿や受け取った請求書・領収書などの書類をきちんと整理保存することが求められます。

帳簿・書類の保存期間

①帳簿

・収入金額や必要経費を記載した帳簿(法定帳簿といいます)・・・7年間保管

・業務に関して作成したそれ以外の帳簿(任意帳簿)・・・5年間保管

②書類

・決算に関して作成した棚卸表その他の書類・・・5年間保管

・業務に関して作成、または受領した請求書、納品書、送り状、領収書などの書類
・・・5年間保管

確定申告で作成する決算書は

白色申告の場合、上記の帳簿に基づいて、確定申告書に「収支内訳書」という書類を添付することになります。これは、上記の収入や経費の内容を一枚の紙にまとめるといったイメージの書類です。

青色申告の場合よりも、大分簡素な書類になっていますので、作成にそれほど手間取ることはないはずです。

白色申告の場合、確定申告自体はそれほど難しくありません。
ただ、やはり準備をそれなりにしておかないと焦ることになります。

また、もしかすると、青色申告をしたほうが節税になり、もったないことをしている人もいるかもしれません。ご自分でわからないことがあったら、最寄の税理士などに相談してみることも必要かもしれませんね。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする