税理士業界の繁忙期、確定申告時期を振り返って

今年の確定申告も終了ですね

こんにちは。東京都日野市の女性税理士 坂 有希子です。

今年の確定申告も終わりましたね。税理士業界にいる方たちは本当に大変な時期でしたよね。

私は、独立したばかりなので、昨年の確定申告の時期はそれほど忙しいとは感じていませんでした。

今年は、確定申告の件数は多くないのですが、ほかの仕事もいろいろ重なって、気ばっかり焦ってしまいました。そして、確定申告の期間が終わった今、ちょっと肉体的にも精神的にも疲れてしまっています。

今日は自分の振り返りを書きます。

確定申告時期は何が忙しかったのか?

無料相談会

今年、1月に稲城市役所の確定申告の税務相談のお仕事に従事しました。また、3月には日野市の青色申告会の無料相談のお仕事にも参加させていただきました。

無料相談の仕事は、いろんな方が相談にいらっしゃって少し疲れる部分もあるのですが、とても勉強になります。申告書は基本的には手書きのものを指導させていただきますからものすごく勉強になります。普段お会いする機会のない事業者の方の相談にのると、「こういう悩みもあるのね」と気づかされる部分もあります。

租税教室の講師

東京税理士会で行っている「租税教室」の活動に参加しています。

小学校に行き、6年生の子供たちに税金の授業を行います。
とてもかわいらしいし、やりがいもありますが、小学校の授業のカリキュラム上、この時期になってしまいますので、いろいろ予定を調整しなければなりません。

確定申告の業務

私の場合は件数は多くありませんが、一時期に集中するので、やはり大変です。

通常の業務

記帳を行ったり、法人の申告を行ったりする業務もあります。12月決算の仕事が多かったので、仕事がこの時期に集中してしまいました。

一人で事務所をやっていく際の今後の課題も見えてくる

業務の整理

独立したばかりの頃は、基本的に暇なので、あんまり難しく考えていませんでした。

少しずつですが、仕事が増えてくると、今後のこの時期をどうやっていけばいいのかという悩みが出てきます。

私の場合には、あまり仕事を多くせず、子育てなどとの両立をするという目標があります。

繁忙期の1月から3月であっても、人生の楽しみを忘れずに子供とも向き合っていきたいです。
そのためには、やっぱり少し業務の整理を行う必要があるのかもしれません。確定申告の仕事を多く受け過ぎないこともポイントと思っています。

健康面の管理

この時期にもしインフルエンザにかかったり、風邪をひいて寝込んだり・・・したらいろいろ予定が狂います。
そのためになるべく健康管理には注意する必要があるのでしょう。

もともと体力があるほうではないので、普段から運動をしなくては・・と本当に思いますね。

筋トレなどやって体を鍛えようと思いました。ストレスの解消のためにヨガも復活させようかな。。。

一人で事務所をやるのってなかなか難しいですが、自分の納得のできるように、できる限り人の役に立てるように頑張っていきたいと思います。

ではまた。

坂 有希子「ごあいさつ」はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする