確定申告の準備|領収書の整理などをしっかりやりましょう

もう10月も終わり

こんにちは。

あっという間に10月も終わりですね。
この時期になってくると、年末調整などの業務の心配なども出てきて、少し気持ちが焦り始めます。

個人事業主の方も、だんだん寒くなってくると、気が重たくなる人もいるでしょう。
そう確定申告が近づくからです。

自分でやるか税理士に頼むか

世の中で税理士に確定申告を依頼している人ってどのくらいいるんでしょうかね?

自分でやろうと思えばできなくはないですし(勉強は必要ですが)、やる気の問題というところもあります。

ただ、売上が大きくなってきたとか、消費税が絡むようになってきたとかいう人は頼んだほうがいいですね。

あとは、本業が忙しくてそこまで時間が取れないという方。

そういう人は税理士に頼むメリットはあると思います。

自分で確定申告をしようと思う人

自分でやってももちろんいいです。副業でなにか事業をされている方で、ある程度簿記や申告について自分で理解しよう、時間的にも大丈夫という方はそのほうがいいかもしれません。
(税理士報酬もバカになりませんから)

今はいい会計ソフトがありますし、確定申告までカヴァーしてくれているものもあります。

ただ、年が明けて確定申告の時期に入ってからやろうとするのは、やめたほうがいいですよ。
もし仮にわからなくなってしまった場合に、誰にも相談できなくなりますから。
税務署に行って相談するにしても、税理士に相談するにしても、年が明けてからでは遅いです。税理士は請けてくれない人が多いでしょうし、自分も正直躊躇してしまいます。

まずは準備をしっかりしておきましょう。
今の時期はまずは領収書などの書類の整理を始めておくといいです。入力なども済ませておければなおいいですね。
(税理士に頼む場合でもしっかりと領収書などの整理をしておかなければいけませんね)

私自身の確定申告

私は、自分自身の経理にはfreeeを利用しています。

銀行口座の同期もしていますし、クレジットカードの同期もしています。

売上については、請求書をfreeeで作成していますので、請求書を発行すると同時に売上の仕訳も計上されるようになっています。

あとは、現金で支払ったものの整理と旅費交通費の整理くらいです。

現金で支払ったものについては、領収書などをある程度溜めておいて、Excelなどを使って一括で取り込むようにしていますので、すぐに終わります。

普段はレシートの整理などをやっておくくらいです。

士業は基本的に確定申告をすると税金が還付されることが多いので、1月に入ったらまず自分の分を一番に済ませるような体勢になっています。

焦るとろくなことがありませんから、とにかく落ち着いてゆっくりと準備していきましょう。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする