ハンドメイド経理講座 | ハンドメイド作家さんの経費の種類

経費は自分できちんと集計しなければならない

こんにちは。

今日はハンドメイド経理講座として、経費に関する全般的なことを書きたいと思います。

ハンドメイド作家として開業届も出したし、これから自分の仕事としてやっていこうと思っている方には、必ず通らなければならない関門があります。

それは確定申告です。

確定申告とは、1月1日から12月31日までの1年間の収入と経費を集計し、自分の所得を確定して、税務申告書を提出し、税金を納付するという手続きです。

ここで、収入は絶対にごまかしてはいけないものです(収入を抜いてはいけません)。

しかし、経費は集計しなくても構わないのです。

収入-経費=所得(おおまかに言えば)ですので、経費を集計しないのであれば、収入=所得ということになります。

メンドクサイな~と思うドンブリ勘定の人は、これでもぶっちゃけいいのです。

収入を抜くことを税務署は許してくれませんが、経費を集計しないことについて、税務署は頓着しないのです。

けれど、それでは納める税金の金額が多くなってしまいますよね(所得に税率をかけて税金を計算します)。

ですから、経費はできるだけ多く計上したいというのが人の性というものでしょう。

経費を集計するのは、自分自身。

マメにレシートを保管して、これは経費になるのかならないかということを意識できるかどうかで差がついてくるものです。

正しい経費の知識を持つ必要

よく何でもかんでも経費にしてしまう人を見かけます。

個人事業の場合には、税務調査というのは比較的入りにくいものですから(入ることもありますよ)、それでいいのかな~と思いがちです。

自分の化粧品代やら洋服代、旅行代など入れてしまうような人もいるかもしれません(私が関わった人ではいませんが、人づてに話は聞きます)。

本当にそれで大丈夫なのでしょうか?

なんでも経費に入れればいいや~といって、お金の使い方が雑になっていく人。

こういう人は、事業を続けていくのが厳しくなってしまいますよね。

きちんとしたコスト意識を持つことは経営者として当然のことですよね。

それには正しい経理知識が必要になってきます。

ハンドメイド関連の経費はどんなものがあるか?

ここでは、個人事業でハンドメイド製作活動を行っている人を前提に考えてみます。
個人事業の経費ってどんなものが考えられるのでしょうか?

売上原価となるもの

・材料を仕入れて、それを払いだした分(製作に実際に使ったもの)

・商品を仕入れて、それを販売した分

・外注費(製作を他人にお願いして、かかった制作費のこと)

ここで、注意しなければいけないのは、材料を仕入れた分のすべてが売上原価になるのではないということです(材料仕入≠売上原価)。あくまでも、材料を仕入れて払い出した分(使った分)だけが売上原価になります。同じように商品仕入≠売上原価です(実際に売り上げた分のみが売上原価です)。

これについては、また後日詳しく書く予定ですので、ここではこういうものだと思っていてください。

人件費

ハンドメイド作家さんの場合には、ご自分一人で製作をされている方がほとんどだと思いますので、実際の人件費というのは、ほとんどかかることはないかと思われます。

自分の分の人件費は、個人事業の場合には、経費として認められていません。
(ただ、個人的には、自分の作業分のコストを把握することは、価格決定などには必要な情報だと思います。)

青色申告の届を出している青色申告事業者の場合ですと、青色専従者というものが認められています。青色専従者に支払う給与は、特にいくらまでという規定はありませんので、実態に応じて自分で決めることができますが、あらかじめ税務署に届け出た範囲でのみ許されています。

青色専従者になれるのは、ハンドメイド作家さんと生計を一にする配偶者や親族です。そして、その方が他にお仕事をされていると、青色専従者としては認められません(学生さんの場合なども原則認められません)。
家族でハンドメイドをお仕事にしている場合だと、青色専従者に該当するケースは出てくるかもしれませんね。

白色申告の場合(青色申告の届を出していない場合)、事業専従者という人に給与を支払うことができます。ただし、納税者であるハンドメイド作家さんと生計を一にする配偶者やその申告であることなどが条件となります(ほかに仕事を持っている人はダメです)。青色専従者と同じく、家族やご夫婦でハンドメイドをお仕事にしている場合には該当するかもしれません。
(配偶者は年間860,000円、それ以外の親族は年間500,000円が限度となります。)

販売費

・荷造運賃

・広告宣伝費

・販売促進費

・販売手数料

これらの経費はよく出てくるものかもしれませんね。特に販売手数料や荷造運賃は、頻繁にあるかと思います。きちんと領収書を管理して経費として計上したいところです。

その他の経費

・接待交際費

・会議費

・旅費交通費

・租税公課

・賃借料

・地代家賃

・修繕費

・消耗品費

・減価償却費

このような経費が考えられます。
接待交際費や会議費などについては、きちんとした名目があるのであれば、遠慮せずに経費として計上しましょう。

また、文房具を購入したり、製作に必要な道具を買い替えたりした場合、消耗品費として計上することができます。

さらに、アトリエなどを借りているような方ですと、地代家賃も経費に入れることができます。
ご自宅で製作活動をしている方でも、ご自宅に賃借料の一部を経費とすることも可能です。
(持家の場合には、固定資産税の一部を租税公課として計上することも可能です)

ハンドメイド作家さんの場合には、あまり大きな固定資産は、事業に必要ありませんので、減価償却費は計上しないことが多いでしょうが、事業のために車をお使いの場合には、減価償却費というものを計算し、その一部を経費として計上することも可能になってきます。

今日は、ハンドメイド作家さんには、こんな経費があるよ~っていうお話しでしたが、個人事業の場合には、一部を経費にできたりという難しいお話しが絡んできます。

それはまた後日お話しできればいいなと思っております。

ではまた。

ハンドメイド作家さんの支援を行っております。お問い合わせはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする