「自分でやれることはやりたい」と思う人は多い

税理士事務所にとっての記帳代行業務

こんにちは。東京都日野市の女性税理士 坂 有希子です。
確定申告真っ盛りですね。もう終えられた方もいますでしょうか?

毎日、忙しくしておりますが、こんな中でこそ日々考えることがあり、今日はそれを書きたいと思います。

私が税理士として独立開業してから、まだそれほど時間は経っていません。
最初に事務所のサービスメニューを考えるとき、他の事務所も参考にしてみようと、いろいろな開業税理士さんのHPを見て回りました。

税理士事務所のサービスとしては、もちろん税務申告がメインです。
でもそれ以外に必ず「記帳代行」が入っているのです。

従業員を多く抱える事務所にとっては、安定収入をもたらす業務のようですね。
忙しい時期は、従業員がいっぱいいてくれたほうが、多くの仕事が受けられて売上もあがります。
夏場などの暇な時期でも、記帳代行の業務があれば、それを従業員にやってもらうことで、ある程度の収入が確保できるということです。

私も自分のHPでは「記帳代行」をサービスとして載せています(汗)。

新しいスタイルのお客様

税理士事務所にくるお客様は、個人事業主や中小企業の社長さんなどです。
みなさんお忙しいので、経理関係のことまで気が回らない方が多いでしょうし、自分で一から勉強するのは面倒だと思っているはずです。
だからこそ税理士事務所に日々の記帳を依頼します。忙しい方は、もちろんこれで正解だと思います。

最近私の事務所にいらっしゃったあるお客様がいらっしゃいます。
女性の方で、フリーランスとして昨年独立されたばかりの方です。まだお若いのですが、とてもしっかりなさっていて、いろいろ勉強熱心な方です(あまり詳しく書いてしまうとご迷惑がかかるので、このくらいにします)。

私のHPを見て、お問い合わせくださいました。

昨年開業されたばかりなので、今年初めての確定申告を依頼したということでした。

その方はいろいろな税理士さんのHPをご覧になられてから、私のところに来てくださいました。
どうして私にお問い合わせくださったか聞くと、

「大体の税理士さんは顧問契約をしなければ、見てくれないところが多い。年に一回の確定申告だけやってくれる税理士さんは多くないと聞いた。私は自分でやれることは自分でやりたい。それをフォローしてもらいたいんです。」

というようなことをおっしゃいました。

今年の確定申告は、初めてのことでしたし、時間も足りないという理由で、領収書などの証憑をお預かりして、こちらで記帳をしました。
今後は記帳をご自分でやっていきたいとのことです。

本当に素晴らしいことだと思います。税理士に対してお金を払いたくないというわけではないんです。
自分できちんとしたいと思っているんです。自分のお金に関することだから。
売上も順調で、とてもお忙しいにも関わらず、こういう風に考えているんですよね~。

今後、自分で記帳をしていくことができるよう、指導させていただくというお話をしました。
その方は会計の分野には疎く、複式簿記の記帳方法もまったくわからないとのことです。でも、これだけやる気があって、しっかりした人ならばすぐにできるようになるでしょう。

会計ソフトの発達やエクセルなどの普及で、自分で記帳をすることはそれほど難しくありません。
人に何でもやってもらうというのではなく、自分である程度やってみて、できないことを依頼したいという若いお客様は増えるような気がしています。

「自分でやれることはやりたい」の応援をしていきたい

「自計化」。

こういうと、何か会計事務所チックで好きな言葉ではありません(笑)。HPには書いていますが。。。

ただ、「自分でやれることは自分でやりたい」と思う方の応援をしたいと思っています。
「自分でできること」がどこまでかはわかりません。それを一緒に考えていきたい。
ただ黙々と税務申告したり、記帳代行するよりも、ワクワクします。

開業したばかりの方やこれから自分でやってみたい個人事業主、法人の経理の支援。
自分でやれるところはやってみたいけど、そもそもやり方がわからないという方を積極的に指導していきたいという気持ちがムクムク湧いてきました。

ではまた。

坂 有希子会計事務所 ごあいさつはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする