無理せず自分のできることをやっていく

仕事の量を考える

こんにちは。

私は一人で事務所を経営しています。
自宅を事務所にしているので、在宅で仕事をしているということになります。

もし外で正社員として働いているのであれば、仕事の量というのはなかなか調整しにくいことになります(もちろん時短勤務などで調整することも可能でしょうが)。

在宅で仕事をするということは、ある程度自分で仕事の量を調整できることになります。

ただ、仕事をしなければお金も入らないし、沢山仕事をすればするほどお金を稼ぐことができます(仕事が必ずしもあるわけではないですが)。

なんでも完璧にはできない

結婚して子供がいる女性は、どうしても色々な役割をこなしていかなければなりません。
男の人だって、こなして然るべきなのですが、なぜか男の人は仕事だけをしていればいいというのが、今の日本社会の現状です(個人レベルで違うご家庭もあるかとは思います)。

仕事に全力投球して、子育ても一生懸命やって、家事も完璧に・・・

なんて言っていては、体がいくつあっても足りません。

余程の体力・気力に恵まれた女性だけがなせる業だと思っています。

自分には到底無理だと思っています。

女性が輝く時代だとは言っても、色々なことをそれなりにバランスよくこなしていこうと思うのであれば、パートで働くというのが現実的な選択ということになるはずです。
自分の周りの正社員で激務のお母さんたちは、本当に大変そうです。

だから、今の「女性も男性並みにどんどん働くべきだ」という風潮には、正直無理があると思っています。
それは男性目線の都合のいい論理なのかもしれません。
昔に比べると、所得が伸びなくなってしまったので、女性にも働いてもらわなければ困る。
人手不足だから女性にもどんどん働いてもらわないと困る。
ついでに介護もよろしくねなんて言われるかもしれない。

自分の心地いいレベルで頑張ればいい

私ももっと仕事をしたほうがいいのではないかと迷うときもあります。

人手不足の世の中なので、私の属する業界でも仕事の需要はあります。
もっと働こうと思えば働ける世の中です。

周りの人が一生懸命に仕事をしている話を聞くと、焦ることもあります。

けれど、自分という器に入れられる水の量は人とは違う。

自分が心地いいと思うレベルで働けばいいのではないかと思うのです。
そして請けた仕事、自分に任せてくださったお客様のために丁寧に仕事しようと思うのです。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする