自宅での仕事のデメリット

自宅を仕事場とすることのメリット、デメリット

こんにちは。

私は自宅で仕事をしています。

外に出て仕事することもありますが、基本的には自宅でPCに向かって仕事をしていることが多いです。

自宅を仕事場とすることはメリットもデメリットもあります。

メリットは、
・通勤時間がないから楽
・ちょっとしたスキマ時間に家事をやったりできる
・落ち着いて仕事ができる

そんなところでしょうか?

このメリットは同時にデメリットにもなったりします。

・通勤時間がないから、気持ちの切り替えができない
・仕事とプライベートの境目がなくなりがち
・人と話さず、黙々と仕事することになる(寂しい)

結局のところ、メリットもデメリットも表裏一体の関係なので、自宅を仕事場とすることは、
人それぞれの価値観に依存する部分が大きいと思います。

今のところ、自分にはそれが向いているし、やりやすいと思っています。

私にとっての最大のデメリット

家で仕事をしていて最近特に感じるのが、体の衰えです。

PC仕事ですので、肩や首はもともと凝りやすいのですが、最近は腰まで痛くなってきました。

外で勤めていたときと比べて、自宅で仕事をしていると、とにかく動きません。
都心に自宅があれば別ですが、ちょっと出かけるのも車を使ってしまいがちです。
年齢のせいもあるかもしれませんが、ここ最近はちょっとヤバいくらいの衰えを感じます。

自宅で意識して運動しようと思いますが、なかなかうまくいきません。

これは私だけでしょうか?

それとも自宅を仕事場としている人は誰でも感じているのでしょうか?

無理やりでも体を動かさなければ

自営業の自分は体が資本。

無理矢理にでも体を動かさないといけないなと日々感じます。

40代でこれでは、先が思いやられます。

これはもうスポーツクラブに通わないといけないだろうかと真剣に悩んでいます。

スポーツクラブに見学に行くと、平日の昼間でも自営業っぽい男性が筋トレしていたりする光景を結構見かけます。
みんな同じことを考えているのかもしれません。

スポーツクラブは通うのが面倒そうなので、正直気が進まないのですが、将来の投資と思ってやるしかないかとどこかで諦めています。

人生100年時代と言われている今、40代で衰えを感じている自分は、ひどく負け組な気持ちでいっぱいです。先を考えると、多分あと30年くらいは何かしら仕事をしていかないといけないですし、健康を何とか維持したいものです。

自宅で仕事をしていて、普段体を動かさない人は、必ずこの問題に行き着きます。
早い段階で手を打っておいたほうがいいですよ、絶対に。お互い頑張りましょう。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする