記帳代行と税務顧問契約 | 安いから飛びつくのではなく信頼関係が得られるかどうか

世の中には記帳代行業者がたくさんあるが・・・

確定申告シーズンがやってきました。

朝から確定申告前段階の決算の見直し作業や申告の準備作業をしていました。
新しい申告ソフトに替えたばかりなので、慣れないため、かなり疲れてしまいました。
最初はなんでも大変です。

今日は税務顧問契約と記帳代行について考えてみたいと思います。

私の事務所では、税務顧問契約を基本と考えています。
(別途コンサルティングなどもあります。)

法人であったり事業をされている個人の方と関わらせていただくのは、まず税務顧問契約がいいのではないかと考えています。

記帳代行についてはオプションメニューとしています。
記帳代行はできるだけせずに、お客様自身が行うべきだと考えているからです。

世の中には、記帳代行を専門にやっている業者さんなどが多数あります。
その業者さんがどのような仕事をされているのか、詳細はわかりません。

想像するに、お客さんからレシートなどの証憑書類の束と銀行の通帳などを送ってもらい、担当者がそれに基づき入力作業を行い、できあがった試算表をお客さんに送付するという流れでしょうか。

もちろん担当するのは、税理士の資格などない人だと思います。
もしかすると、簿記の知識もあまりない方かもしれませんね。
このような業者さんは数をこなす必要があるので、あまりお客さんとのコミュニケーションなどは行わないと思われます。
また、しっかりとした専門家の方が入力結果をレビューしているかどうかも怪しいのではないかと思っています。

いろいろな考え方があるのですが、まあ手軽ですよね。

こういうサッパリした関係がいい、単に入力作業をしてくれるだけでいいんだという人は、このような記帳代行の会社に頼んでも問題ありません。

もっと経理を知りたい、自分の事業のことを知りたい、もっとしっかりした管理をしていきたいと思う方は、このような記帳代行業者に任せるのはやめたほうがいいのではないでしょうか。

記帳代行をオプションと考える理由

世の中にはいろいろな考え方の人がいますし、みなさん年齢も違います。

ある程度若くてパソコンを使うことが苦ではない方や事業を始めて比較的時間のある方は、ご自分で記帳をすることをおススメしたいです。

しかし、そうは言ってもなかなか簿記を専門的に勉強したりしていない人にとっては、記帳業務というのは大変なことでしょう。
それをお手伝いするために(それだけではありませんが)、税務顧問契約があると思うのです。

税務顧問契約は税務に関する相談を受けつけるだけでなく、記帳の指導も行うことを想定しています。
特に記帳を始めて最初の頃は、わからないことが多いし、こちらもいろいろ伝えたいことが多いので、毎月お会いする必要があるはずです。

本業が忙しくて時間がない、どうしてもパソコンがいやだ、人を雇う余裕はないが専門家に記帳してもらいたい。

そういう理由の方であれば、オプションメニューとしての記帳代行を利用するのがいいかもしれません。

記帳代行はいらない場合もある

経営者としての自覚がある人であれば、管理のために経費をExcelなどで集計するはずです。
そういった資料を利用して、会計事務所側で簡単に入力が行える場合があります。
(管理資料に工夫が必要なので、フォームをこちらで作る必要があります。)

自分で管理のためにExcel入力をされているにも関わらず、会計事務所に記帳代行を頼まれている方は、もったいない場合もあるかもしれません。

税務顧問契約はお客様としっかりとしたコミュニケーションを取るために存在します。

また、税務顧問契約の良さは、お客さんと継続的にかかわることで、よりよい経営管理に繋げるという点にあるのです。

先日もあるお客様が、こういう管理をしたいんだけど、どういった管理資料を作ればいいのかわからないと相談してきました。
私としては今ある会計データを少しいじって、それほど難しくなく資料を作成することができました。
お客様にとっては難しいが、会計事務所側では大した作業ではないということもあるんですよね。

一般的に会計事務所の税務顧問契約は高いというイメージがあると思います。
安ければいいというわけでもないはずです。
安ければそれなりに手を抜いてくるはずですから。

信頼関係がきちんと築けるかどうか、相談したいと思えるかどうか。

それが大事なことなのでしょう。

ではまた。

自計化の支援もしております

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする