贈与税の基本的な計算について理解しよう

贈与税の計算の基本をおさえましょう

こんにちは。

前回は、「贈与税の仕組み| 身近な税金である贈与税について理解しよう」という記事を書きました。

今回は、それに引き続いて贈与税の計算についてのお話しです。

贈与税の計算は以下のステップにしたがって行います(今回は基本的な暦年課税について)

① 課税価格の計算(贈与税が課税される財産の範囲を明確にする)

② 基礎控除額について(課税される財産から差し引ける金額はあるか)

③ 贈与税額の計算

順に説明したいと思います。

課税価格の計算

贈与税は、その年の1月1日から12月31日までの間に贈与を受けた財産の価額の合計額が課税対象となります(これを課税価格といいます)。

課税価格は以下の計算で算定します。

本来の財産+みなし贈与財産-非課税財産=課税価格

本来の財産

本来の財産とは、贈与により取得した不動産、預貯金、現金、株式、債権など金銭で見積もることができる経済的価値のあるものすべてです。

みなし贈与財産

みなし贈与財産は、本来の贈与財産にはあたらないけれど、実質的に贈与により取得したのと同じ経済的効果ががあるものについて、「相続税法」で定められたものが該当し、以下のようなものがあります。
(詳しくは前回の記事をご覧ください)

  • 生命保険金
  • 個人年金保険などの定期金
  • 時価よりも低額にて財産を譲り受けた場合の時価と取得額の差額
  • 借入金の債務免除益等

非課税財産

非課税財産とは、国民感情や社会政策的な見地を考慮して贈与税の対象としない財産のことです。

非課税財産には以下のようなものがあります(例示なので他にもあります)。
(詳しくは前回の記事をご覧下さい)

  • 法人からの贈与により取得した財産
  • 扶養義務者からもらった生活費・教育費
  • 香典等
  • 相続開始年分の被相続人からの贈与
  • 離婚による財産分与

基礎控除について

贈与税には、いろいろな制度がありますが、基本的には「暦年課税制度」というものをまずは押さえましょう。これについては、みなさんなんとなく知っているという感じだと思いますが、一年間に贈与を受けた金額に対して贈与税がかかってくるという制度です。

そして、その暦年課税制度において、基礎控除(税金がかからない部分)は110万円となります。受贈者1人あたり、1年につき110万円となります。したがって、課税価格が110万円以下であれば、原則として贈与税の申告は必要ありません。

贈与税額の計算(暦年課税制度)

暦年課税制度の場合、贈与税の金額は以下のように算定します。

(課税価格-110万円)×税率=贈与税額

そして、税率については所得税などと同様に累進課税制度をとっていますので、以下の通りとなります。
平成27年1月1日以降の税率を載せておきますが、20歳以上の人が父・母・祖父・祖母などの直系尊属から贈与を受けた場合とそれ以外の贈与については、それぞれ税率が異なりますので、注意が必要です。

<平成27年以降の直系尊属からの贈与税(暦年課税)の速算表>

基礎控除後の金額(課税価額-基礎控除) 税率 控除額
200万円以下 10% 0
200万円超~400万円以下 15% 10万円
400万円超~600万円以下 20% 30万円
600万円超~1,000万円以下 30% 90万円
1,000万円超~1,500万円以下 40% 190万円
1,500万円超~3,000万円以下 45% 265万円
3,000万円超~4,500万円以下 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

<平成27年以降の直系尊属以外からの贈与税(暦年課税)の速算表>

基礎控除後の金額(課税価格-基礎控除) 税率 控除額
200万円以下 10% 0
200万円超~300万円以下 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円
600万円超~1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超~1,500万円以下 45% 175万円
1,500万円超~3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超 55% 400万円

例示で考えてみましょう

平成27年に母親から600万円の贈与を受けたという例で考えてみましょう。
母親以外からの贈与はないとします。

課税価格=600万円

基礎控除=110万円

贈与税額の計算

(600万円-110万円)×20%-控除額30万円=68万円

母親は直系尊属ですので、上の表を使用します。課税価格600万円から基礎控除を差し引いた金額は490万円ですので、「400万円超~600万円以下」の欄を見ます。すると税率は20%ですね。そして控除額は30万円ですので、490万円に税率の20%をかけた金額98万円から30万円を差し引いた68万円が贈与税の金額となります。

それではまた。

坂 有希子会計事務所「業務案内」はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント