運動の習慣|ロコモを防いでいつまでも元気にいられるように

筋肉量の測定

最近、少し運動に目覚め(というよりは体があまりにも弱ったので仕方なく)、スポーツクラブに通っています。

そこでは、普通の体重計ではなく、もっと詳しく体の状態を調べられる機械を導入していて、筋肉量などの測定も詳しくできます。

私の筋肉量は、普通の人よりも大分少なくて、とくに下半身の筋肉がとても弱いことがわかりました。インストラクターの方からも、まずは下半身の筋トレを中心にやるといいでしょうと言われています。

体脂肪は減らしたいけれど、筋肉量は増やしたい。

かなり難しいことなのだな~とは思うのですが、黙々と続けていくしかありません。

この間、ほんのちょっとだけ筋肉量が増えていて、嬉しかったので励みにはなりますが、道のりはまだまだ厳しいです。

ロコモにならないように

ロコモ(ロコモティブシンドローム)って知っていますか?

加齢や生活習慣が原因で足腰の機能が衰え、介護が必要になるリスクが高い状態を指す言葉のようです。

40代以上の5人に4人が予備軍なんですって。

まさに私ではないですか!?
何もない平地で躓いたりしますし。

とくに女性は、男性よりもリスクが高いらしいです。
運動と食生活の両輪で、予防をしていくらしいのですが、自分の場合はまさに運動不足そのものです。

昔から体育の授業が嫌いだったし、若い頃運動する習慣もなかったし。

歳をとるにしたがって、何も運動しなければ筋肉量は年々減る一方です。
いつかどこかで自分の足で歩けなくなってしまうかもしれないと思うと、今のうちに何としてでも頑張らないといけないという気になります。

全身の筋肉を鍛えるのがいいとは思うのですが、まずは下半身をしっかり鍛えることが大切だと思います。スクワットとか続けるといいらしいですね(私はスポーツクラブでレッグプレスをやっています)。

メンタルにも効くような

運動はメンタルにも効果があるようです。

運動した後はすっきりして、仕事にも前向きになれますし。

運動に時間を取られることも最初はどうかな~と思っていましたが、むしろメリハリがついていいですね。

今まで何もしてこなかったことを激しく反省しています。

自宅で仕事をしている自営業の方とかには特におススメです。

仕事もプライベートも充実して過ごせるように、運動の習慣は若い頃から付けていったほうがいいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする