銀行口座の同期が取れない場合には

自分自身の帳簿付けにも利用しているが・・・

こんにちは。

会計ソフトfreeeを使っています(認定アドバイザーをやっています)。

お客さんからご相談いただいて、freeeの導入のお手伝いをする場合には、ご要望に合わせてきちんと設定をさせていただいています。
しかし、自分自身の帳簿付けとなると、別なのです。
それほど管理というものが必要ない業種なので、損益だけきちんとしていれば問題ないと考え、銀行口座やクレジットカードの同期機能は使っておらず、すべてエクセルで仕訳を生成して、取り込むという作業を行っていました。

しかし、使ってみるとfreeeは便利ですし、研究のためにも、今年は余すところなく機能を使ってやってみようと思い、さっそく銀行口座、クレジットカード、suicaなどの取り込みをしてみました。

ネットバンクやクレジットカード、suicaは、まあまあ簡単に同期の設定ができ、事なきを得ました。

しかし、三菱東京UFJの銀行口座の同期をしようと思ったら、最初の設定でミスをしてしまい、同期ができません。

何度やってもエラーとなってしまうのです。

どうやら銀行側のシステムにアクセス制限がかかってしまったようで、自己解決はできません。

お問い合わせの番号にかけても、なかなか解決しません(2箇所に電話をし、後で回答をいただくことになっていますが、どうなるか?)。

三菱東京UFJ銀行は、不正ログインを防ぐために、ワンタイムパスワードというのを導入しています。セキュリティが万全になるのは喜ばしいことですが、このように他のソフトとの連携をとるような場合には、障害になることもあるようです。

自動同期できない場合にどうするか?

ネットバンクにアクセスして明細をダウンロード

自動同期ができないとしても、インターネットバンキングにアクセスすれば、明細のダウンロードというものができます。

銀行のサイトに「明細のダウンロード」というボタンがあるので、それをクリックすれば、データを勝手に作成してくれます。

このとき、CSV形式というもので、データが作成されますので、その形式のまま保存します(この形式でないと、freeeや他の会計ソフトにも取込はできませんので注意が必要です)。

freee上に手動で「口座」を登録し、登録した口座の「明細のアップロード」というところを選択し、CSVデータをそこにドラッグすると、明細の取り込みができます(自動同期とほぼ同じ状態になるはず)。やってみれば、それほど難しい作業ではありません。

通帳から自分でCSVデータを作成(手入力)

そもそも、三菱東京UFJ銀行の場合には、同期を取ったとしても、現時点から2ヶ月程度の明細しか取込めません。
会計期間の途中でfreeeを導入しようと思い、いざ同期したとしても、すべての銀行取引を取り込むことはできないかもしれません。自動同期ができない期間より前の取引をどうすればいいのかという問題が発生します。

その場合には、上記で書いたインターネットバンキングの明細をダウンロードという機能も使えません。

少し面倒になりますが、通帳を見ながら自分でCSVでデータを作るという方法もあります。

エクセルを新規作成し、日付、出金、入金、摘要の欄を作り、そこにデータを入力するだけです。通帳の中身を写していくだけの作業です(摘要欄には、内容を足してわかりやすいようにします)。

それが終わったら、さきほどと同様にCSV形式で保存してもらい、freee上データをドラッグします。

通帳にも記帳してなかったら

普段ネットで取引の内容を確認しているので、わざわざ通帳に記帳していないという人もいるかと思います(私もそのタイプです)。

何か月も記帳しておらず、たま~に記帳しようと思うと、「合計記帳」されてしまう場合があります。このような合計記帳がされてしまうと、自分で明細のデータを作成することはできません。

個人事業の方で、これからfreeeを使いたいと思っている人であれば、銀行の口座の自動同期を使いたいと思う人がほとんどですよね。また、それができなくてもできるだけ楽をしたいと思う人がほとんどのはずです。

でも、自動取り込みも明細の取り込みも手動でデータを集計する方法も採用できない。

このような場合にはこうすればいいのではないでしょうか?

たとえば、ネットバンクで明細データは8月1日からしか見られず、記帳もしていなかったので、それ以前の取引の明細がわからないという場合には、とりあえず8月1日から取込をするのです。

8月1日の残高は、事業主借として取込んでしまうのです。8月1日の残高が100,000円だったとすれば、

(借)三菱東京UFJ 100,000円 (貸)事業主借 100,000円

として取り込んでおきましょう。

8月1日以前の経費は、領収書などから

(借)経費 ××× (貸)事業主借 ×××

とし、8月1日以前の売上は、ご自分の管理資料から

(借)事業主貸 ××× (貸)売上 ×××

としておけばいいのです(損益は所得に影響しますので、間違えないようにしましょう)。

口座の自動取り込みができれば、いろいろ便利ですよね。
自動取り込みができなくても、それなりにやり方はあります。

うまく使えば、経理がグッと楽になります。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする