長いようで短い夏休み

もうすぐ学校は夏休み

こんにちは。今年は梅雨が長そうですね。
東京はほとんど晴れずに、あっと言う間に夏休みになりそうです。

働く母親にとっては、長い夏休み。色々憂鬱になっている方もいるかもしれません。特に1年生のお母さんは不安かもしれませんね。

私の住んでいる日野市では、学童は3年生までしかいられません。
4年生になると、原則として夏休みも学童に通うことはできません(学童に空きがある場合に限り、4年生が夏休みだけ行ける場合もあります)。

4年生というと、もうかなり体は大きくなりますし、1年生に頃に比べるとしっかりする(?)のですが、親から見ると本当にまだまだ幼い。
親が仕事でいない日中、どうやって過ごすのだろうか、大丈夫だろうかと気になる人も多いでしょうね。親がいなければゲームばっかりするかもしれませんし。

私の周りを見ていると、児童館などに行っている子供が多いようです。暑すぎて外では遊べないことも多いですが、児童館はクーラーも効いていますし、お弁当を食べるスペースなんかもあります。

また、長期休みの間はお母さんが有給などを取って、旅行されるご家庭も多いかもしれません。子供だけで参加させるキャンプなどのイベントも沢山あります(お金次第という面もありますが)。お仕事で忙しいご家庭だとこういうのに参加するのもいいかもしれません。

夏休みが短くなった

私たちが子供の頃は夏休みは40日間でした(関東地方はそうでした)。

しかし、今の小学校は学習内容が増えている影響もあり、夏休みが短くなっています。子供の学校でも、去年から1週間くらい早く終わってしまいます。

たった一週間と思うのですが、この影響は大きいな~と思うのです。

旅行に行って、お盆がやってきて、宿題に追われていると、あっという間に夏が終わってしまうという感じです。
私としては、短くなってしまったのがとっても残念です。今の小学生は、普段の学校でもほとんどが毎日6時間授業です。ほぼ毎日16時過ぎに帰ってくるので、冬の時間であれば、外で遊ぶ時間はほとんどありません。自分の子供時代って、もっとゆったりしていたような気がするのです。

夏休みは長い休みなので、普段できないことを沢山させたいし、のんびり過ごしてほしいな~と思うのです。夏休みが短縮された分、いろんなことに追われてしまいます。

子供時代は短い

うちの子も4年生。小学校に入学してからあっと言う間に時間が過ぎてしまいまいした。このままだとすぐに中学生になりそうです。中学生になると、反抗期にもなるでしょうし、親とは遊んでくれなくなるかもしれません。

子供時代というのは、意外に短いのかもしれません。

だからこそ夏休みは大事に使いたいですね。一緒に遊びに行ったりするのも大事だとは思いますが、子供と一緒に普段できないことをやるのもいいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする