お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015  知的人生設計のすすめ

絶対に読んだほうがいい本!

こんにちは。

最近読んだ本で、すごくおもしろかった本をご紹介します。

橘 玲氏の「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ」です。

昔、「マネーロンダリング」という小説を読んだことがありました。それもすごく面白かったです。
このような経済について説明しているような本は、どうせ内容は大したことがないだろうとタカをくくって避けてきました。

けれど、ふとしたきっかけで「貧乏はお金持ち」という本を読み、ものすごい面白いことをおしゃっている方だとわかりました。

今回ご紹介する「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 」は、もともと同じ内容の本が2002年に発行されているのですが、橘氏の見解を網羅的にまとめた本であり、現在の経済状況や制度に沿った形で内容を刷新しているということで、勉強がてら読んでみたいと思いました。

何がすごいって、この人の頭の良さです。

この冷静で感情を排除した論理展開が非常に小気味よい。
久しぶりにワクワクして一気に読み切りました。
すっかりファンになりました。
今の時代だと、こういうことを言っている人はいっぱいいます。でも2002年の日本で、誰がこんなこと考えて本にできたでしょうか。

起業したいと思っている人、不動産投資をしている方、サラリーマンでも将来何か経済的な柱を別に持ちたいと思っている人、仕事が面白くない人、人生なんとなくピリッとしない人、とにかくすべての人に読んでほしいと思います。

私は、経済や会計の勉強を専門的にしているので、内容を理解することはさほど難しくないのですが、経済や会計などの世界とは無縁でいらっしゃる方にとっては難しいところもあるかもしれません。

けれど、絶対に役に立ちます。考え方のエキスみたいなものが、きっと人生に影響を与えることでしょう。

ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん貧乏父さん」と似た内容になっていますが、日本特有の制度などに触れている点が秀逸です。

どんな内容が書いてあるか

「黄金の羽根」とはいったい何か?これを私は次のように定義しました。

[黄金の羽根] Golden Feather
制度の歪みから構造的に発生する”幸運”。手に入れた者に大きな利益をもたらす。

たとえば、日本の税制では自営業者や中小企業に対しての優遇があり、サラリーマンは不利な立場に置かれています。本来、すべての人たち、すべての存在が中立に徴税されなければなりません。けれど、政治的な理由などにより一定の不公平さが生まれているのです。

このような制度の歪みを利用して、できるだけ経済的利益を最大化する方法にはどうすべきか、ということにフォーカスした内容になっています。

まずは、資産運用についての知識について述べていきます。そのとき、私たちが子供のころから当たり前のように常識だと思っている(思わされている?)概念について、論理的かつ冷静に否定していきます。

たとえば家を買うこと。これがはたして経済的合理性という観点から正しいのか否か?

マイホームは日本人にとっての夢。マイホームの購入は正しいのか否か。

たとえば生命保険には入るべきなのかどうか。自分が死んでしまったときに、残された家族にできるだけ多くの財産を残したい。けれど、それは経済的合理性から正しいのか、本当に家族のためになるのか。

また、税金や社会保険についても述べられています。
日本ではサラリーマンは厚生年金に入っていて、将来は(今のところ)安泰です。
自営業者は、国民健康保険に入っており、将来の年金は不安です。

これが本当なのかどうか。

私にとってはこの点が目から鱗でした。

当たり前だったことが急激に変化している

昔の日本では、いい大学を出て、いい会社に勤めて正社員で、年功序列に従って定年まで勤めるという働き方が勝ち組でした。

しかし今は、エリート正社員でもリストラされてしまうような残酷な世界なのです。それほど急激な変化にさらされています。
人の価値観も多様化していますよね。若い人の中には、残業して苦しい思いまでして働きたくないと考えている人も多いと聞きます。
けれど、非正規社員になってしまえば這い上がれない現実もある。

そのような残酷な世界で私たちはどうやって生き延びていくのか?

そのような世界をうまく生き抜く知恵を授けてくれる本なのだと思います。

ぜひ読んでみてください。

ではまた。

坂 有希子「ごあいさつ」はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする