一年を振り返って2018

一年の終わりに

また1年が終わります。

自分はどんどん歳を取っていくにもかかわらず、なんとなく無為に過ぎてしまったな~などと反省しきりの日々です。

今年の初めに掲げた目標の中で、「筋トレ」という目標だけは達成することができました。

他は後回しにしてしまいました。

40代も半ば近くになってきて、一人で籠って仕事をしているせいなのか、健康に自信が持てなくなってきました。

時々鏡で自分の顔を見ると、なんだかすごく疲れたような顔をしているときがあります。

また、お客様などに、

「先生、お体の調子が悪いですか?顔色が良くないですよ。」

なんて言われることがあり、本格的にどこかおかしいのかと思い始めました。

なんとなくだるく、体が重たい(デブになっているせいもあります)。

このままだと、ダメになってしまう。

そんな危機感を抱いたのが今年でした。

とにかく体が資本

自分はどのくらい生きるのかはわかりませんが、生きている間は健康でいたい。

ずっとそう思っています。

だから、このままではいけないと思い、とにかく体を動かそうと思ったのです。

今の自分は、とくになにか病気があるわけではないけれど、東洋医学で言うところの「未病」という状態なのでしょう。
若さを取り戻したいというわけではなく、とにかく今の自分に自信が持てるようになりたいと思い、始めたスポーツクラブ通い。

最初の半年くらいは、あんまり体の変化は感じませんでした(体重は敢えて計ってません。イヤになっちゃうから)。

ここ最近になってきて、かなり体が引き締まった気がしますし、気持ちも前向きになったように思います。

きつかった洋服がすんなり入るようになってきたのもいい兆候です。

最近では、筋トレをやればやるだけ結果が付いてきているという実感があります。
スポーツクラブから帰るときの肩のあたりの軽さが何ともいえません。

まだまだ健康とはいえないかもしれませんが、来年もサボらず続けたいです。
それが来年の目標です。

本当に継続は力なりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする