5月も終わり

やっとひとつの区切り

こんにちは。

今日で5月も終わりですね。5月末というのは、3月決算法人の申告期限です。会計事務所にとって5月末というのは、なんとなく一区切りがつく時なのです(あともう一か月しないと一区切りつかないというところも沢山あります)。

今年はゴールデンウィークも長かったですし、仕事をできる日数が普段よりも少なかったですよね。

ですから、3月決算の会社の申告業務もありますが、冬の間、なんとなく忙しくしていて少し間があいてしまっていたクライアントさんにお会いしたり、溜まった業務をしたりと、大して多くの仕事をしていない私も、なんとなく慌ただしく過ごしていました。

一人事務所の仕事のやり方

個人事業主として仕事をしている自分は、人を雇うこともなく、たった一人で仕事をしています。しかも自宅を事務所にしています。

一人で仕事をすると、どうしても自分だけでなんでも事が運んでいくので、色々なことを先回りしてどんどん進めてしまいがちです。以前はクライアントさんからメールがくると、夜だったり休日だったりしても、対応してしまっていました。仕事を溜めることが苦手ですし、早い対応のほうがいいと思ってしまっていました。

そんなやり方で数年経ったとき、すごく疲れてしまっていることに気が付きました。決して仕事の量が多いわけではありません。体もですが、とにかく精神的に疲れていたのです。

ここ最近は少し仕事のやり方を変えるようにしています。

まず休日をしっかりとることにしましたし、いつでも仕事というスタンスはやめました。休日にクライアントからメールが来た場合にも、すごく急ぎの用件でなければ、「月曜日に詳しく検討してからまたご連絡します。」というような対応をすることにしました。こういうのって、考え方は色々ですので、もしかすると不満に思ってしまう方もいるかもしれません。でも、大体の人はわかってくださると思っています。

楽に行こうと思う

クライアントさんでも一人で仕事をしている方には、必ずお休みをしっかり取るように雑談の中でお話しします。もちろん私の言葉なんか届かないかもしれませんが。

とにかく自分しかいないのです。誰かが代わってはくれません。
自分のことを大切にして長く続けていくためには、飛ばし過ぎないことが大事。特に自宅を拠点にしてお仕事している方は、仕事もプライベートも一緒になってしまっています。いつでも仕事のことを考えたりして、切り替えられない人が多いはず。

やっぱり会社員のほうがいいのかな。

私も時々こんなふうに思います。
でも、私はもう会社員には多分戻れないので、こういう自分の仕事の中で、いかに楽に心地よく仕事していけるか考えていこうと思ってます。
6月の目標は、平日に山登りに行くことです(軽い登山ですが)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする